コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 法科大学院 実務選択科目 刑事弁護実務演習[Seminar on Lawyering (Criminal Defense)]

刑事弁護実務演習[Seminar on Lawyering (Criminal Defense)]

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-LAW2073080SJ41
開講年度・開講期 2020・前期
授業形態 演習形式 履修者は25名まで。
配当学年 3
対象学生 大学院生
曜時限 土3 土4
教員
  • 遠山 大輔・石川 亮祐
授業の概要・目的 模擬教材を通じ、手続と事実が重視される刑事弁護の実際を模擬体験し、実務の基本を学ぶ。
実務において「駆使」を求められる伝聞法則、公判前整理手続における作業、公判における尋問についてのルール、冒陳・弁論などのプレゼンテーションについても模擬体験を通じて学習する。
到達目標 刑事手続全体を理解し、被疑者・被告人の権利・利益を最大限擁護するための戦略力とプレゼンテーション力を身につける。
授業計画と内容 ナンバリング(1~7)は隔週授業の各回(2コマ連続)に対応するが、若干前後することもある

1.
①被疑者との接見のしかた -模擬接見を通じて学ぶ理論と技術
②捜査弁護の目的
③身体拘束からの解放

2.
①通常公判の準備と公判の流れ(起訴から判決後のフォローまで)
②被害者対応
③公判前整理手続-概論 -証拠開示請求、証拠意見、予定主張など

3.
①否認事件の流れ(伝聞法則を中心に)
②公判前整理手続-実践編(起訴後の打合せ期日から)
③プレゼンテーションの基礎

4.
①ブレインストーミングによるケースセオリー構築
②冒頭陳述レクチャー

5.
①冒頭陳述実演
②主尋問、反対尋問レクチャー

6.
①主尋問、反対尋問実演
②弁論レクチャー

7.
①弁論実演
②ラップアップ

冒頭陳述以下は、いずれも、2人一組で実演を行う