コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 実務科目 7210000 デジタルプラットフォームビジネス概論

7210000 デジタルプラットフォームビジネス概論

JA | EN

開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1.2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 碓井 誠(非常勤講師)
授業の概要・目的 社会の変化とDX(Digital Transformation)の進展に伴い、価値創出の取組みは、供給側から需要側への価値提供といった一方向の流れから、互いに情報を共有し、新たな価値を生み出す循環型の価値共創の仕組みへと進化しています。こうした変革は、モノ→コト→ソリューションへと広がる社会と経済のサービス化や、デジタル技術の活用で社会や生活、産業を変革するDXの流れと一体となり、リアルとネットの変革と融合をもたらすデジタルプラットフォームビジネスを生み出しています。プラットフォームビジネスでは、製品流通やサービスのインフラを提供するのみでなく、リアルとネットの結びつきも含めたデジタルエコノミーの創出や、社会や産業のパラダイムシフトが進んでおり、DXの進化と情報活用をベースにしたデジタルプラットフォーマが大きな競争力と影響力を持つに至っています。本講では、eコマースやSNS、コンテンツ流通、予約や各種サービスの提供、ITサービスや金融サービス、シェアリングやロングテールビジネス、個人信用情報の収集・活用等と合わせて、既存のリアルビジネスの革新についても実務的に学習して行きます。講義では様々なプラットフォーマのビジネスモデルや小売業、製造業、ヘルスケア産業等のDX化の事例も共有し、ITの持つ可能性や活用方法を具体的に学ぶと共に、社会に及ぼす影響と課題も考察します。全員がレポート、プレゼンを行い、意見交換や情報共有を重視して講義を行って行きます。
到達目標 ●デジタルプラットフォーマの台頭の背景と今後の方向性について知見を高める。
●社会と産業の変化の中で、ビジネスモデルを如何に組立てて行くかの考え方、方法論の理解。
●IT、デジタル社会の基本技術の把握と、その可能性と活用のポイントの理解。
●DXやデジタルプラットフォームの進化に伴い、新たに生まれる問題点や課題の認識を深める。
授業計画と内容 第1回  「社会と産業の構造変化とプラットフォームビジネスの広がり」
・社会と産業の新たな方向性とプラットフォームビジネスの誕生
・ITの進化、DXの広がりとデジタルプラットフォームの成長

第2回  「価値共創型小売業の進化とデジタルプラットフォーマの台頭」
・SPA(製造販売型アパレル企業)の進化とオンラインSPAの登場
・eコマースの広がりとオンラインとオフラインの融合

第3回  「デジタルプラットフォーマのビジネスモデルと今後の方向性」
・アマゾンとアリババのプラットフォーム
・デジタルエコノミーの方向性と課題

第4回  「流通・小売りビジネスの進化とプラットフォーム形成」
・小売り業のグローバルトレンドと業態革新
・生活インフラとしての小売業の進化、コンビニとドラッグストアの成長

第5回  「ビジネスモデルのデザインとメソドロジー・フレームワークの活用」
・モノからコト、コトからソリューションへのイノベーション
・バリューチェーンの進化とビジネスモデルのデザイン
・マイケル・ポーターの共通価値の戦略(Creating Shared Value)

第6回  「マーケティングの進化と商品開発の革新―新しい提案プラットフォーム」
・顧客接点のマーケティング手法(ZARA、ユニクロ、7-11)
・7-11の商品開発と情報活用

第7回  「プレゼン&ディスカッション」(レポートは個人、プレゼンは数名のチーム)
・デジタルプラットフォーマの共通した特徴を箇条書きで整理して下さい。
・一社、又は一つのサービスを取り上げて独自のビジネスモデルや価値提供、競争優位性やIT活用の特徴について調査を行いプレゼン資料を作成して説明して下さい。



第8回  「マーチャンダイジングプロセスの革新と発注・物流システム―プラットフォームを支えるバリューチェーン革新」
・マーチャンダイジングプロセスの組立て
・7-11の発注・物流・取引先システムの概要
・Wal Martのサプライチェーン

第9回  「7-11の店舗システムの概要と単品管理―顧客接点のサービスレベルの向上」
・店舗システムの概要と単品管理の仕組み
・SV(スーパーバイザー)の店舗支援システム

第10回  「流通・小売業の進化とIT活用の広がり」
・7-11のネットビジネス、金融サービスの展開
・先進小売業の自動発注や販促システムの概要

第11回  「製造業におけるIT活用とプラットフォーム化」
・コマツ(KOMTRAX、スマートコンストラクション)のプラットフォームサービス
・自動車産業のCASE化とプラットフォーム化
・as a serviceとDtoCの広がり

第12回  「ヘルスケアサービス、住宅・不動産ビジネスのIT活用とプラットフォーム形成」
・医療サービスを拡充したヘルスケアプラットフォームの形成
・住宅・不動産ビジネスでの循環型コミュニティ形成

第13回  「ビジネスプラットフォームの組立てと今後の方向性」
・テクノロジーの進化と新たなソリューション
・高齢化社会の課題と生活プラットフォームの方向性
・パラダイムシフトと新たな課題

第14回 、第15回
「プレゼン&ディスカッション」(レポートは個人、プレゼンは数名のチーム)
・<レポート>テクノロジーの進化とデジタルプラットフォーマの成長の中で新たな社会的な課題が生まれています。講義で提起するの課題に対して自らの所見と解決に向けたアイデアや取組みの必要なテーマをまとめて下さい。
・<チームプレゼン>社会的、経済的な様々な課題に対して、ITや情報活用による新たな問題解決(ソリューション)の可能性や方向性について業界、業種(新たな括りも含め)を定めてプレゼンして下さい。
成績評価の方法・観点 授業出席、ディスカッションへの参加(30%)
レポート課題(40%)、課題プレゼンテーション(30%)
履修要件 インターネット、情報技術、流通小売業の一般的な知識があると理解しやすいが、日常生活でのサービスに関する感度を持ち合わせていれば問題は無い
授業外学習(予習・復習)等 GAFAを始めとするデジタルプラットフォーマの動向やSNS、デジタルサービス、流通小売業の動向、eコマースの進化等への日常的関心と活用経験を高める。
上記に関するセミナーや論文、書籍での学習
教科書
  • 各回毎パワーポイントでテキスト等を配布 参考文献等も配布
参考書等
  • 碓井誠 『セブンイレブン流サービス・イノベーションの条件』(日経BP)