コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 実務科目 6850000 ビジネスコンサルティング実務

6850000 ビジネスコンサルティング実務

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60465 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3・4 隔週講義
教員
  • 若林 直樹(経営管理大学院 教授)
授業の概要・目的  本授業は、ビジネスコンサルティングとは何かを初学者が体験する授業である ビジネスコンサルティング手法に関する講義を行い、それを踏まえた個人ワーク、グループワークにより、コンサルティング業務を実践し、その理解をすすめ、コンサルティングスキルを何かを理解する。講義・実習の多くについては、代表的なコンサルティング企業アビームコンサルティング株式会社のその中で企業変革の現場で活躍している戦略コンサルタントが担当する。テーマは、企業経営に関わることのみに限らず、社会課題の解決(社会的イノベーション)、スポーツと経営などの身近なものまでを広範囲に扱う。
 詳しくは、下記HPを参照のこと。
https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/abeam/
到達目標 ・ビジネスコンサルティングとは何かを知る
・ビジネスコンサルティングの実務(代表的な手法等)を知リ、その実習を行う。
授業計画と内容  講義の前半で社会イノベーションを学び、後半でビジネスモデルを学ぶ。前半・後半ともに、ビジネスコンサルティング方法論についての講義を行ったうえで、グループワークを実施する。グループでワークを進め、最終的にはクライアントへの提案形式でプレゼンテーションを行う。グループワークの中で、ビジネスアイディアを検証するためのフィールド調査も行う。講師はアビームから2-3名を招いて行う。2コマ連続の講義を隔週で実施、全7回とする。日程については初回の授業で示す。各回については、以下のように進める。

【1】講義概要・コンサルティング概論・コンサルティングメソッド(ジョブ理論)
【2】コンサルティングメソッド(社会イノベーション)、グループワーク(社会課題からジョブ探索)
【3】コンサルティングメソッド(VPC)、グループワーク(ビジネスアイディア、フィールド調査設計)
(フィールド調査)
【4】コンサルティングメソッド(BMC)、グループワーク(ビジネスモデル)
【5】グループ別中間発表、グループワーク(ビジネスモデル①)
【6】グループワーク(ビジネスモデル②)
【7】成果発表と総評   ※一部変更の可能性はあります。
( 【8】予備あり )
成績評価の方法・観点 次の3点の合計から評価する。①授業に毎回参加し、講義でのコンサルティング手法理解と毎回課題の提出。なお、出席は80%以上を求める。2回目以降毎回課題提出がある。②グループワークでの課題についての報告内容。③個人での毎回出る課題と最終レポート
履修要件 ・経営戦略、組織行動、マーケティングを受講している者に限る。
・グループワークで必要なので、MS-Excel、PowerPointが使えること。
・授業は次の日程で隔週で行う予定(一部連続あり)であるが、全授業に参加し、個人レポート、グループワークに参加することを前提とする。
・講義開催予定日:4/14、4/28、5/19、6/2、6/16、6/30、7/14
・留学生に関しては、企業からの講師が日本語で指導したり、日本語の資料を利用することがあるため、日本語N1保持者を対象とする。
・実習授業であるので、受け入れ能力に制約がある。大学院からの受講生が非常に多い場合には、英語スコアで選抜することがある。
授業外学習(予習・復習)等  隔週で行い、毎回の授業内容について、終了後復習を求める。毎回出る課題は必ず提出すること。授業日程の後半では、グループワークを行うので、グループによる作業時間を授業時間外に行ってもらうことがある。
参考書等
  • ジョブ理論, クレイトン M クリステンセン, (ハーパーコリンズ・ ジャパン), ISBN: ISBN:4596551227