コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 実務科目 6580000 新規事業創出論

6580000 新規事業創出論

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60437 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1.2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 土1・2 隔週講義
教員
  • 松本 雄大(非常勤講師)
授業の概要・目的 本講義では、最新のベンチャー企業の起業家および大企業の社内起業家についての事例に触れる事を通じて、アントレプレナーシップを身に付けるとともに、既存のビジネスの延長線上にはない新規事業を創出するための方法論を理解することを目指す。また、ワークショップ等を通じて、複数の関係者を巻き込みながら新規事業を企画、説明、実行するための課題演習を行う。受講者に多く事業アイディアの企画や発言をしてもらう様な形で授業を行う。
到達目標 新規事業を創出するために必要なアントレプレナーシップおよび方法論を、講義および課題演習を通じて身に付ける事を目標とする。
授業計画と内容 第1回:イノベーションフレームワーク
第2回:リーンスタートアップとハッカソン
第3回:事業計画①(基礎)
第4回:事業計画②(演習)
第5回:ファイナンス
第6回:広報・人事
第7回:ベンチャー企業と大企業のオープンイノベーション

上記テーマに関する起業時の具体的な題材をテーマとして講義およびワークショップを行うと共に、毎回AI、IoT、Fintech、観光、ヘルスケア、農業、素材、宇宙などのベンチャー企業の最新事例を紹介する。また、期末に予定している課題提出についてはフィードバックを行う。
成績評価の方法・観点 授業への参加状況(40%)、期末の課題提出(60%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 課題演習のうち一部(資料作成等)を授業外とする予定である。
教科書
  • ビジネスモデル・イノベーション, ラリー・キーリー、ライアン・ピッケル、ブライアン・クイン、ヘレン・ウォルターズ, (朝日新聞出版), ISBN:978-4-02-331269-2
参考書等
  • 課題演習の際に参考となる資料を授業中に紹介する。