コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 実務科目 6560000 グローバルロジスティクスと海運

6560000 グローバルロジスティクスと海運

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60435 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1.2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 土4・5 隔週講義
教員
  • 山田 忠史(経営管理大学院 教授)
  • 渡部 富博(経営管理大学院 特定教授)
  • 小川 雅史(経営管理大学院 特定准教授)
授業の概要・目的 ビジネスにロジスティクスは不可欠である。企業の生産活動のグローバル化が進展しており、調達から生産・販売・消費などに至るまでの各段階の部品・原材料・製品などの効率的な輸送・保管などを行うロジスティクスが重要性を増している。なかでもアジアや世界との貿易・ロジスティクスにおいては、コンテナをはじめとする海上輸送の役割が非常に大きいが、それらについて学ぶ機会は少ない。
本講義では、多くのステークフォルダーが関わり手続きも多い海上輸送を中心に、第1線で活躍する実務家を含めた各講師から、ロジスティクスの基礎を含め現場での取組みや最新動向など、「ロジスティクスと海運」に関わる講義を行う。

到達目標  海運を中心とするグローバルロジスティクスに関する理論・知識を深め、ロジスティクスに関わるビジネスモデルの考察などを通じて,新たなビジネスモデルを自ら提案できる幅広い知識や洞察力などの能力向上を目指す。
授業計画と内容  グローバルロジスティクスのモノや情報の流れ、手続きなど、その仕組みや現状、今後の動向などについて、海上輸送サービス提供に関わる企業、港湾貨物の取扱いに関わる企業、利用者である荷主企業など、実務者を含めた講義を含めて行い、海運を中心とするグローバルロジスティクスに関する基礎や動向などを、様々な角度から学ぶ。

【講義スケジュール予定】  
4月11日(土)4限 第1回 グローバルロジスティクスを支える船社ビジネス
       ~タンカー・LNG船から超大型コンテナ船まで~ (臼井潔人・㈱商船三井)
4月11日(土)5限 第 2回 世界のコンテナターミナルビジネス競争(仮称) (小野憲司・客員教授)
4月25日(土)4限 第 3回 これだけは押さえたい貿易・海上輸送のABC(田阪幹雄:㈱日通総合研究所)
4月25日(土)5限 第 4回 サプライチェーンのリスクにどう備えるか (安藤健太郎:パナソニック㈱)
5月 9日(土)4限 第 5回 激動のアジアロジスティクス・貿易       (小林潔司・特任教授)
5月 9日(土)5限 第 6回 データで学ぶ世界に繋がる海上輸送・みなとの動静 (渡部富博・特定教授)
5月16日(土)4限 第 7回 知っておきたい海上貨物保険    (藤本新・三井住友海上火災保険㈱)
5月16日(土)5限 第 8回 味の素のグローバル展開とロジスティクス
                        (魚住和宏・SCMソリューションデザイン)
5月23日(土)4限 第 9回 ブロックチェーンで進化する国際物流(平田燕奈:A.P.モラー・マースク)
5月23日(土)5限 第10回 国際フェリーによるシームレスロジスティクス (寺内昌弘:琉球海運㈱)
6月 6日(土)4限 第11回 キユーピーの海外展開とロジスティクス   (勝山忠昭:キユーピー㈱)
6月 6日(土)5限 第12回 港湾のロジスティクスセンターのグローバル化・情報化(仮称)
                               (大田晃正:㈱住友倉庫)
6月20日(土)4限 第13回 学生レポート発表・討議(1)       (渡部富博・特定教授)
6月20日(土)5限 第14回 学生レポート発表・討議 (2)     (渡部富博・特定教授)
6月27日(土) 第15回 フィードバック(予備日)

 ※講師については事情によって変更の可能性がある
成績評価の方法・観点 平常点30%(各講義への出席状況および小レポート等の提出状況・内容),最終レポート70%(プレゼンテーション:35%,レポート:35%).
履修要件 専門科目「Transportation and Logistics Management」の受講が望ましい. 
授業外学習(予習・復習)等 教科書として掲げた「グローバルロジスティクスと貿易(ウェイツ)」のほか、上記に掲げた参考図書、さらには上記以外の雑誌や新聞記事などの関連記事などにも目を通すなどして、グローバルロジスティクスの理論・知識の予習・復習や最近の情勢把握などを行うことにより、各講義の予習や・復習はもとより、実務に即した具体的な講義内容をより深く・広く学ぶことが大切である。
教科書
  • グローバルロジスティクスと貿易, 小林潔司・古市正彦 編著, ((株)ウェイツ), ISBN:978-4-904979-25-9
参考書等
  • 図解 貿易実務ハンドブック(ベイシック版)第6版, (日本能率協会マネジメントセンター), ISBN: ISBN:978-4-8207-5995-9
  • 改訂版 ロジスティクスの基礎知識, 浜崎章洋, (海事プレス社), ISBN: ISBN:978-4-905781-54-7
  • 「港湾」の話, 世界に通じる,未来へ通じる「港湾」の話編集委員会, (日本経済新聞社), ISBN: ISBN:978-4-532-32239-7