コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 専門科目 6330000 サービス創出方法論

6330000 サービス創出方法論

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60412 LJ44
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1.2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 山内 裕(経営管理大学院 准教授)
授業の概要・目的 近年注目を集める〈サービスデザイン〉と呼ばれる方法を学ぶ。サービスデザインの基本的な考え方を学ぶことから始め、そのいくつかの方法(エスノグラフィ、カスタマージャーニーマップ、サービスブループリンティング、プロトタイピングなど)を実習を通して学ぶ。

注) 授業の進展を見て内容を変更することがあるので、シラバスを随時更新し開示する。
到達目標 サービスデザインの基礎的な考え方及び方法を習得する。とりわけエスノグラフィと相互行為の分析を通じて、サービスのデザインが社会・文化のデザインにつながることを理解する。
授業計画と内容 1週 イントロダクション
デザイン思考のクラッシュコースにより一通りのプロセスを学ぶ。

2週 サービスデザイン
サービスデザインの考え方をレビューし、具体的な事例を紹介し議論する。
課題
気になっているサービスを体験し気づきをまとめる。

3週 エスノグラフィ
エスノグラフィの背景と方法を学ぶ。
課題
フィールドノートを書く。

4週 CJM
Customer Journey Map (CJM)を用いてデザインする。

5週 プロトタイピング
サービスの様々な側面をプロトタイピングする。

6週 サービスの文化
サービスの文化的側面を理解する。いくつか事例を交えて議論する。
課題
既存のサービスを文化の視点から分析する。

7週 文化・イデオロギー
文化とは何か、どうデザインするのかを理解する。
課題
TBA

8週 文化的エリート
差異化=卓越化、趣味=テイスト、フィールドの概念などを理解する。
課題
TBA

8週 言説の理解
サービスの言説の変化を読み解く。
課題
TBA

9週 文化的コードや言説のデザイン
コンセプト、言説、コードのデザインを行う。

10週 グループワーク

11週 詳細のデザイン
店舗、パッケージなどの詳細をデザインしていく。

12週 テスト
デザインをテストし改善していく。テストの方法もデザインする。

13週 サービスブループリント、ビジネスモデル
サービスのプロセスやビジネスモデルをデザインする。

14週 最終発表

15週 フォローアップ
成績評価の方法・観点 出席と授業における討論への参加(30%),およびアサインメント(70%)。グループの中での相互評価を参考にする。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 チームで調査を進める。そのために都度課題を出す。
教科書
  • 『「闘争」としてのサービス―顧客インタラクションの研究』, 山内裕, (中央経済社), ISBN:4502137413
関連URL
  • http://yamauchi.net/teaching/servdes/index.html