コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 専門科目 6010000 情報社会論

6010000 情報社会論

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60373 LJ10
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1.2
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 守屋 和幸(情報学研究科 教授)
  • 吉川 正俊(情報学研究科 教授)
  • 大手 信人(情報学研究科 教授)
  • 神田 崇行(情報学研究科 教授)
授業の概要・目的 情報政策、情報と法制度、情報と経済、情報倫理、情報と教育など、情報技術の社会へのインパクトや社会との関わりについて講述する。これにより、受講者は、情報技術の歴史と動向、情報化社会の問題点、情報技術による社会革命、プライバシーとセキュリテイ、情報政策、知的財産権、専門家の論理と責任など、情報技術と社会とのかかわりについて、多角的に学習する。
到達目標 情報政策、情報と法制度、情報と経済、情報倫理、情報と教育などに関して、情報技術の歴史と動向、情報化社会の問題点、情報技術による社会革命、プライバシーとセキュリティ、情報政策、知的財産権、専門家の倫理と責任など、情報技術と社会とのかかわりについて十分な知識を獲得する。
授業計画と内容 情報と法(大手) 4回
情報と倫理/情報政策(神田) 4回
情報と経済(吉川) 3回
情報と教育(守屋) 3回
成績評価の方法・観点 達成目標に対する達成度を、情報学研究科成績評価規定第7条による成績評価に則り行う。詳細は授業時に説明する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 本科目の達成目標に到達するには、講義での学習のほかに予習・復習が必要である。
教科書
  • 資料となるプリント等を講義の際に配布する。
参考書等
  • 知的財産と技術経営, 永田隅蔵 編, (MOTテキストシリーズ ),