コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 専門科目 3200000 コーポレートファイナンス

3200000 コーポレートファイナンス

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 60053 LJ44
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水1・2 隔週講義
教員
  • 畠田 敬(非常勤講師)
  • 砂川 伸幸(経営管理大学院 教授)
  • 岡田 紀子(経営管理大学院 客員教授)
授業の概要・目的 欧米のビジネススクールのコア科目 Corporate Finance と同じ内容のものを同様の水準で提供します。すなわち,企業価値向上の視点から,企業経営や財務的な意思決定について学びます。企業価値向上の経営,資本利益率と資本コスト,企業価値評価,投資評価,資本政策,M&Aなどは,現代の企業経営を理解し実践するために不可欠な考え方と知識になっていますす。また,これらは,グローバルスタンダードなものといえます。本講義はシスメックス寄附講座(企業と投資家)のサポートを受けています。
到達目標 欧米のビジネススクールで学ぶコーポレートファイナンスと同じレベルの知識や考え方を修得することが目標です。企業の財務的意思決定,資本市場におけるリスク・リターン関係と資本コストの算出,投資評価,企業価値評価(インカムアプローチとマーケットアプローチ),M&A,資本政策(資本構成,ペイアウト)などについて理解し,現実的な諸問題に対して理論的な回答ができるようになることが,具体的な目標です。エクセルを用いた財務モデルの構築や,様々なシナリオ分析を修得することも目標とします。
授業計画と内容 順序は変わる可能性がありますが,内容は下記の通りです。詳細なスケジュールは講義開始時に配布します。

① イントロダクション,財務分析
②-③ DCF法
④ エクセルを用いたDCF法の演習
⑤-⑥ リスクとリターン,ポートフォリオ理論とCAPM
⑦ エクセルを用いたβ,ジェンセンのαの計測,資本コストの推定
⑧ 資本支出予算
⑨ エクセルを用いた資本支出予算の演習(感度分析,シナリオ分析)
⑩-⑫ 資本構成,ペイアウト政策
⑬-⑭ リアルオプション
⑮ 期末試験と解説
成績評価の方法・観点 平常点(出席,ホームワーク,クラス発言等)と期末試験で評価する。割合等の詳細は講義時にアナウンスする。
履修要件 ファイナンス(基礎科目,前期開講)を受講していることが好ましい。また,バリュエーション(実務科目,後期開講)や証券投資論を並行して受講することで学習のシナジー効果がある。その他,財務諸表分析や統計学の基礎知識(平均,分散,相関,回帰)を知っていること,エクセルを使用できることが好ましい。
授業外学習(予習・復習)等 講義の予習・復習に加え,毎回ホームワークを課すので,きちんと解いて提出すること。
教科書
  • コーポレートファイナンス 入門編 応用編, バーク&ディマーゾ, (ピアソン),
  • コーポレートファイナンス入門(第2版), 砂川伸幸, (日経文庫),
  • はじめての企業価値評価, 砂川伸幸・笠原真人, (日経文庫),
参考書等
  • 日本企業のコーポレートファイナンス, 砂川伸幸・川北英隆・杉浦秀徳, (日本経済新聞出版社),
  • Principles of Finance with Excel, Benninga, S., , (Oxford (2011)),
  • Applied Corporate Finance, Damodaran, A.,, (Wiley (2014)),