コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 経営管理大学院 基礎科目 2100000 プロジェクトマネジメント

2100000 プロジェクトマネジメント

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-MGT75 50010 LJ44
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月4・5 隔週講義
教員
  • 大庭 哲治(経営管理大学院 准教授)
  • KIM Kwangmoon(経営管理大学院 准教授)
  • ドイル 恵美(経営管理大学院 特定講師)
授業の概要・目的 プロジェクトの遂行に関する意思決定を行う上では、そのプロジェクトに内在するリスク要因の同定・分類・評価・対応という一連の流れに沿った検討が不可欠となる。このような観点から、本講義をプロジェクトオペレーションコースの導入科目として位置づけ、授業の前半部分では意思決定に関する流れについて数学的なモデルの概念の習得を目的とする。さらにこれらのプロジェクト管理に関する知識をより実践的なものとするため、いくつかの開発プロジェクトの事例を取り上げ、ケーススタディにより学習する。授業は、講義形式のほか、レポート課題を課し、その内容についてディスカッションを行い、そこで得られた知見を踏まえた最終レポートを課すことを考えている。
到達目標 プロジェクトの遂行に関する意思決定の過程を理解し、リスク要因を一連の流れに沿って定量的に検討する能力やプロジェクト管理に関する知識を実践的に習得する。
授業計画と内容 授業計画と内容は以下のとおり。
1.プロジェクトマネジメント概論(第1回~第3回)
2.プロジェクトリスク概論(第4回~第5回)
3.数学モデルに基づく意思決定論(第6回~第7回)
4.海外プロジェクトのリスクマネジメント論(第8回~第9回)
5.事例分析:ケーススタディの概説/発表及びディスカッション(第10回~第14回)
試験、講評
成績評価の方法・観点 平常点評価(15%)、レポート(40%)、試験(45%)
履修要件 基礎的な数学の知識があること。
International Project Management Courseのカリキュラムにある Project Managementの受講は認めない。
授業外学習(予習・復習)等 指定教科書の予習を薦める。
教科書
  • プロジェクトマネジメント, 大津宏康, (コロナ社), ISBN:4-339-05639-6
参考書等
  • Project Management, Achieving Competitive Advantage, Jeffrey K.Pinto, (Pearson, Ltd), ISBN: ISBN:978-0-13-2664415-8
関連URL
  • http://www.jica.go.jp/
  • http://www.worldbank.org/
  • http://www.adb.org/