コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 公共政策大学院 展開科目 国際経済政策

国際経済政策

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-GOV03 64420 SJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 1・2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 岩本 武和(経済学研究科 教授)
授業の概要・目的 はじめに国際マクロ経済学(国際金融論)の基本的な理論(国際収支と為替レート)を講義し、それにもとづいて、世界経済の歴史・制度・現状を政策論的に取り上げ、国際金融システム、通貨危機や金融危機、ユーロとBrexitなどのテーマを講義する。テキスト(岩本著)の第Ⅰ部と第Ⅳ部の内容をreviseしたものになるが、取り上げるテーマは以下のようなものである。なお、公共政策大学院で国際マクロ経済学(国際金融論)を学んだことのない院生を対象とするので、経済学研究科の特にRコースの院生は受講しても無駄(Pコースで自信のない院生は受講可)であると思う。
到達目標 基礎的な国際マクロ経済学(国際金融論)、特に国際収支の見方や、為替レートの決定を学ぶことで、どのような国際金融政策が望ましいかを、経済理論の概念を使って意見を述べられるようにする。また、制度的や歴史的な側面から、金融危機や通貨危機、ユーロやブレグジットなどの事例について、経済的な分析ができるようにする。
授業計画と内容 1. イントロダクション
2. 国際収支とグローバルインバランス(1)
3. 国際収支とグローバルインバランス(2)
4. 変動相場制と固定相場制
5. 金利平価と購買力平価:国際金融のトリレンマ(1)
6. 金利平価と購買力平価:国際金融のトリレンマ(2)
7. 国際金本位制(1890年代~1914年)からブレトンウッズ体制へ(1947年~1973年)
8. プラザ合意(1985年)とバブル経済
9. アジア通貨危機(1997年)の背景とその影響
10. リーマン・ショック(2008年)と世界金融危機(1)
11. リーマン・ショック(2008年)と世界金融危機(2)
12. 非伝統的金融政策(UMP)下でのグローバル・マネー
13. EUとユーロ
14. ユーロ危機(2009年~)からBrexit(2016年~)へ
15. 5Gを巡る米中(GAFA vs BATH)戦争(2018年~)
成績評価の方法・観点 平常点(出席[20]+プレゼンテーション[20]+議論への積極的参加[20])+期末レポート[40]
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 担当箇所のプレゼン(ppt)の用意、次回の範囲の予習
参考書等
  • 国際経済学 国際金融編, 岩本武和, (ミネルヴァ書房), ISBN: ISBN:4623064794
  • クルーグマン国際経済学 理論と政策 〔原書第10版〕下:国際金融編, 山形浩生・守岡桜, (丸善出版),