コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 公共政策大学院 展開科目 企業制度論

企業制度論

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-GOV02 64140 OJ41
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義・演習
配当学年 1・2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 前田 雅弘(法学研究科 教授)
授業の概要・目的 現代社会における経済活動は、その大部分が、会社、特に大規模な株式会社によって支えられている。この授業では、株式会社にかかる企業制度のうち、実務上および理論上重要度の高い会社法上のテーマを取り上げ、企業制度についての理解を深めることを目的とする。
到達目標 株式会社の機関、組織再編、株式などのさまざまな場面において、会社を巡る関係者の利益がどのように調整されるべきかを検討し、企業制度について幅広く考察する力を身につける。
授業計画と内容 企業制度にかかるテーマ(下記「第3回~第14回」参照)について、毎回1名が報告を担当し、全員で質疑応答をする形で授業を進める。
各回の授業内容の予定は次のとおりである。
・第1回 はじめに
・第2回 会社法制の概要(講義形式)
・第3回~第14回 個別テーマの報告およびそれに基づく検討。下記の個別テーマのうち、何をどの順序で何回扱うかは、履修者の希望、背景および理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。進め方については適宜指示をし、履修者が予習できるよう十分に配慮する。
  取締役会設置会社の取締役会・代表取締役
  取締役の競業取引・利益相反取引
  取締役の報酬 
  取締役の責任 
  取締役の責任の追及方法
  監査役 
  指名委員会等設置会社・監査等委員会設置会社 
  株主総会の招集・議決権
  株主総会の議事および決議・決議の瑕疵
  違法な募集株式・新株予約権の発行に対する措置 
  合併
  会社分割
  株式の種類等 
  株主名簿と振替制度
  株式の譲渡
・第15回 総括/フィードバック(フィードバックについては、授業中に指示する)  
成績評価の方法・観点 平常点による。正当な理由なく4回以上欠席した者には単位を認めない。
履修要件 履修要件は特に設けないが、第1回目の授業において担当の割当てを決定するので、受講希望者は第1回目の授業に必ず出席すること(受講希望者で第1回目の授業をやむを得ず欠席する者は、事前に担当教員に連絡すること)。
授業外学習(予習・復習)等 担当者は、指示された文献および複数冊の会社法の基本書を基礎として、報告の準備をすること。報告者以外の受講者は、指示された文献を参照して予習をし、授業中に質問をし、または意見を述べることができるようにすること。
教科書
  • 株式会社法〔第7版〕, 江頭憲治郎, (2017年、有斐閣), ISBN:978-4-641-13786-8