コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 公共政策大学院 展開科目 特許法総論

特許法総論

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-GOV00 64071 OJ41
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義・演習
配当学年 1・2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 愛知 靖之(法学研究科 教授)
授業の概要・目的 知的財産法のうち、特許法について、その制度及び基本概念の正確な理解を目指すとともに、最新のトピックを取り上げることにより、新たな特許問題に的確に対応するための法的思考力を涵養する。
到達目標 特許制度の全体像を把握するとともに、特許政策を遂行する上で必須となる基礎的知識を習得する。
授業計画と内容 1.特許法総説
 特許法の基本構造、特質を概観することにより、特許法の全体像を明らかにする。特許法の存在理由についても考察する。

2.特許要件①
 特許要件のうち、発明該当性を取り上げ、発明の定義や発明のカテゴリーについて検討する。

3.特許要件②
 引き続き、産業上の利用可能性や、新規性、進歩性など、特許法29条以下に規定されている特許要件について考察する。

4.特許権の主体①
 発明者主義、特許を受ける権利、冒認出願などについて概説する。

5.特許権の主体②
 職務発明について検討する。

6.特許権に関する手続①
 特許取得手続のうち出願・出願公開などについて概観する。

7.特許権に関する手続②
 特許取得手続のうち審査・補正・査定・登録などについて概観する。

8.特許権に関する手続③
 審判・異議・審決等取消訴訟について概説する。

9.特許権の効力・特許権の侵害①
 特許権の効力と特許権の存続期間について検討した後、侵害判断の出発点となるクレーム解釈について考察する。

10.特許権の侵害②
 文言侵害・均等侵害などを検討したのち、複数主体による特許権侵害について考察する。

11.特許権の侵害③
 間接侵害について考察したのち、侵害に対する抗弁として、特許法69条の抗弁について検討する。

12.特許権の侵害④ 
 引き続き、侵害に対する抗弁として、消尽の抗弁・無効の抗弁・先使用の抗弁について考察する。

13.特許権侵害に対する救済
 差止め・損害賠償など救済手続について概説する。

14.特許権の取引・活用
 特許権の共有、実施権(専用実施権、契約等による通常実施権、裁定実施権、法定実施権)などについて検討する。

15.フィードバック
 フィードバックの方法については、授業中に指示する。
成績評価の方法・観点 レポート試験(70%)・出席状況に基づく平常点評価(30%)
履修要件 法曹養成専攻(法科大学院)との共通授業であるため、法律学について一定の素養が必要となる。
事前に、茶園茂樹編『知的財産法入門[第2版]』(有斐閣、2017年)、平嶋竜太ほか『入門知的財産法』(有斐閣、2016年)、駒田泰土ほか『知的財産法Ⅰ特許法』(有斐閣ストゥディア、2014年)などの入門書を一読しておくとよい。
授業外学習(予習・復習)等 テキスト及び事前に配布するレジュメを用いて、講義の前後に授業内容の予習・復習を入念に行うこと。
教科書
  • 知的財産法 (LEGAL QUEST) , 愛知靖之=前田健=金子敏哉=青木大也 , (有斐閣、2018年),
  • 特許判例百選 第5版, 小泉直樹=田村善之編, (有斐閣、2019年),