コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 公共政策大学院 基本科目 ミクロ経済学

ミクロ経済学

JA | EN

科目ナンバリング
  • P-GOV00 51060 LJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1回生推奨
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 宇高 淳郎(経済学研究科 特任教授)
授業の概要・目的 本授業では、最初に、完全競争を前提とした、ミクロ経済学の基礎理論を講義する。続けて、ゲーム理論の基礎を学習し、不完全競争下の市場構造を考察する。最後に、経済学やゲーム理論に基づいて、企業戦略等、様々な事象を経済学的に分析する。
到達目標 ミクロ経済学を学習することで、市場の機能・効率性を理解する。また、ゲーム理論の習得によって、戦略的行動のメカニズムを理解し、現実の諸問題を、経済理論に基づいて解明する力を養う。
授業計画と内容 1 本講義の展望、数学(微分)の復習

2~3 消費者理論

4~5 企業理論

6~8 市場均衡と効率性

9~11 ゲーム理論の基礎

12~13 不完全競争理論

14~15 応用ミクロ経済学
成績評価の方法・観点 期末試験により評価する
履修要件 他研究科聴講不可
授業外学習(予習・復習)等 主に復習によって、講義を確実に理解すること
参考書等
  • 現代のミクロ経済学, 丸山雅祥・成生達彦, (創文社),
  • ミクロ経済学 戦略的アプローチ, 梶井厚志・松井彰彦, (日本評論社),
  • ミクロ経済学の力, 神取道宏, (日本評論社),
  • ゲーム理論入門, 天谷研一, (日本能率協会),