コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

タイ読解Ⅰ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA05 85122 LJ31
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 玉田 芳史(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
授業の概要・目的 タイに関する学術文献のうち、主として英語のものを講読します。受講生は英語の読解力に加えて、タイを理解する能力を磨きます。
到達目標 現代タイ政治を、底流にある社会経済の変化をつかみ取り、近隣諸国と比較することで、理解する。
授業計画と内容 タイ政治の理解に有益な次の文献を講読する。
最初は日本語の文献を読む。
(1)柴田直治『バンコク燃ゆ』めこん、2010年
(2)高橋徹『タイ混迷からの脱出』日本経済新聞出版部、2015年
(3)河森正人『タイの医療福祉制度改革』御茶の水書房、2009年
(4)玉田芳史・船津鶴代編『タイ政治行政の変革、1991-2006年』アジア経済研究所、2008年
次に、現代タイ社会の理解に有益な次の文献を読む。
(1)Walker, Andrew, Thailand’s Political Peasants (2012)
(2)Sopranzetti, Claudio, Red Journeys (2012)
(3)Tyrell, Haberkorn, Revolution Interrupted (2011)
(4)Bowie, K. A., Rituals of National Loyalty, Columbia UP (1997)
成績評価の方法・観点 出欠、報告、質疑応答。
履修要件 英語が読めること、日本語で要約できること
授業外学習(予習・復習)等 タイ政治に関する基礎的な知識を事前に習得し、授業前には指定された文献を読んで内容を要約しておいてください。
教科書
  • 上記の通り。これ以外のものを追加する可能性があります。
参考書等
  • 必要に応じて指示します。