コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) アジア・アフリカ地域研究研究科 研究科共通科目 スワヒリ語Ⅱ(中級)

スワヒリ語Ⅱ(中級)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA05 85242 LJ48
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 1-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 井戸根 綾子(非常勤講師)
授業の概要・目的 テキストはスワヒリ語初級と同じものを引き続き使用し、会話形式の文章の解説と共に文法説明と作文練習を行う。スワヒリ語初級で習得した内容を再確認しながら、さらなる文法事項や新たな語彙・慣用表現を学ぶことで、総合的な読解力と基礎的な表現力の習得をめざす。テキストの基本的な表現に基づいた応用練習を行うことで、スワヒリ語を用いて自ら表現する技能を習得することができる。テキストの会話表現には社会的・文化的事象が多く含まれる。スワヒリ語独特の表現をより理解するためにその社会・文化的背景についても説明し、関連する実物や画像を紹介する。これにより東アフリカの言語だけでなく文化や社会についての知識も深める。
到達目標 1:スワヒリ語の基本文法を総合的に理解し、口語的・実践的な表現の理解を向上させる
2:習得した文法事項や文型を自分で文に組み立てて話すことができる
3:短い日常会話の流れ全体を把握して、その内容を要約できる
4:東アフリカの文化や社会に関する知識を深める
授業計画と内容 第1回 イントロダクション/第1~10課の復習
第2回 第11課/時間
第3回 第12課/指示詞
第4回 第13課/使役
第5回 第14課/条件節
第6回 関係節
第7回 第15課/受身
第8回 第11~15課の復習と補足説明
第9回 第16課/相互形
第10回 第17課/仮想時制
第11回 第18課/複合時制
第12回 第19課/ことわざ・なぞなぞ
第13回 第20課/手紙の書き方
第14回 第16~20課の復習と補足説明
第15回 期末試験
第16回 フィードバック
なお、授業の進度は適宜調整する
成績評価の方法・観点 予習・復習状況などの出席状況(30%)、期末試験の結果(70%)により、総合的に判断する。 なお、3分の2以上の出席率を必須とし、それに満たない場合は授業放棄とみなす。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 教科書の各レッスンの予習・復習は必須とする。
各レッスンのスキットについては、予め付属のCDを聴いておくこと。
文法事項についての補足プリントや練習問題のプリントは授業中に配布する。
練習問題で宿題となったものについては、次週までに予習・復習をしておくこと。
教科書
  • ニューエクスプレス+ スワヒリ語, 竹村景子, (白水社), ISBN:978-4-560-08805-0