コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) アジア・アフリカ地域研究研究科 研究科共通科目 インドネシア語Ⅱ(初級)

インドネシア語Ⅱ(初級)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA05 85205 LJ48
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1 単位
授業形態 講義
配当学年 1-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木5
教員
  • 柏村 彰夫(非常勤講師)
授業の概要・目的 インドネシア語Iでの学習内容を踏まえ、インドネシア語の運用能力の養成を目的とする。
到達目標 日常会話レベルの基本的表現の創出能力を習得する。
授業計画と内容 基本的には教科書に則り、以下の項目について学習する。
なお、第1回、第2回、第8回、第14回を除いて、毎回授業冒頭に語彙に関する小テストを(全10回)実施する。
また、第8回および第14回に、それぞれ確認のためのテストを実施する。

1. 程度の副詞、接頭辞 se-
2. 比較級、最上級
3. 接頭辞 ter-
4. 前置詞
5. 接続詞
6. 関係詞 yang
7. 接辞 peN-an、 per-an
8. 確認テスト
9. 複合語、接辞 ke-an
10. 命令文
11. meN-kan動詞、meN-i 動詞
12. memper 動詞
13. 畳語
14. 確認テスト
成績評価の方法・観点 語彙小テスト(10回、各5点)、確認テスト(2回、各25点)により評価する。
履修要件 インドネシア語 I(初級)の履修または同程度のインドネシア語能力を前提とする。
授業外学習(予習・復習)等 語彙習得が重要であり、既出単語を身につけるための復習が重要となる。
教科書
  • 『教科書インドネシア語』, 森山幹弘・柏村彰夫, (めこん), ISBN:4-8396-0159-3
参考書等
  • 授業中に適宜紹介する。