コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) アジア・アフリカ地域研究研究科 グローバル地域研究専攻 スーフィズム・タリーカ論Ⅰ

スーフィズム・タリーカ論Ⅰ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA03 83203 LJ31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月5
教員
  • 東長 靖(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
  • IDIRIS DANISMAZ(アジア・アフリカ地域研究研究科 客員准教授)
授業の概要・目的 スーフィズム・タリーカ・聖者信仰を研究する際には、さまざまなジャンルの資料が必要となる。本講義では、これらの資料の代表的なものを順次取り上げ、講読していく。
到達目標 アラビア語の文献を読みこなす力を身につけることを目標とする。同時に、文献を読む際に必要な工具書・参考書の使い方も身につける。
授業計画と内容 上記の研究のためには、理論書、列伝・徳行伝、参詣書、年代記、系譜書、用語集など、さまざまなスタイルの資料を扱えるようになる必要がある。本講義では、年に1~2点程度の資料を取り上げ、丹念に読み込む訓練を行う。
講読の対象としては、以下のような書目が挙げられる。

これまでに本講義で取り上げてきた主要な書目は以下の通り。
【用語集】
クシャイリー「スーフィー派の言表(ʽibārāt)とその意味の書」(2010)
カーシャーニー『スーフィー用語集』(2011)
【伝記】
ナブハーニー『聖者の奇蹟集成』より「アブー・アッバース・アフマド・ティジャーニー」(2010)
タシュキョプリュザーデ(ターシュクブリーザーダ)『オスマン朝のウラマーについての紅いアネモネ』(2015)
イブン・ザイヤート著『スーフィズムの徒へのまなざし』(2017):マグリブの聖者伝
イブン・アラビー『聖霊』(2018):アンダルスの聖者伝
イブン・ザイヤート著『スーフィズムの徒へのまなざし』(2017):マグリブの聖者伝
【地理書】
ナーブルスィー『シリア・エジプト・ヒジャーズ地方の旅における本義と転義』(2011)
【理論書】
ムハンマド・アフマド・クルディー『幽玄の熟知の扱いについての心の照射の書』(2012):修行論
アブー・ハーミド・ガザーリー『宗教諸学の再興』(2013):古典マニュアルの集大成
アブー・ナジーブ・スフラワルディー『修行者たちの作法』(2013):修行論
アブドゥッラー・ボスネヴィー『叡智の台座注釈』(2015):完全人間論。写本を読む練習を兼ねて
ムハンマド・イブン・アリー・サヌースィー『40のタリーカ(道統)を支える泉』(2016):修行論
アフマド・ザッルーク『タサウウフの基礎』(2017):理論書
ナーブルスィー『開示と明証』(2018):完全人間論。写本を読む練習を兼ねて
ジャズーリー『信条』(2018):神学書(マグリビー体の練習を兼ねて)
【詩】
イブン・アラビー『欲望の解釈者』(2016):神秘主義詩

また、昨年度から「イスラーム諸学シリーズ」も始めている。
1回目の講義において、いくつかの候補を挙げ、何を選んで読むかを相談して決める。
成績評価の方法・観点 平常点によって評価する。
履修要件 初級アラビア語文法を習得していること。
授業外学習(予習・復習)等 アラビア語の原典講読なので、入念な予習が必要である。複数の辞書にあたるほか、地名事典・人名事典・用語集等も必要に応じて活用する必要がある。
教科書
  • テキストは当方で用意し、教室で配布する。
参考書等
  • イスラームとスーフィズム, 東長靖, (名古屋大学出版会), ISBN: ISBN:978-4-8158-0721-4
  • スーフィー-イスラームの神秘主義者たち, ティエリー・ザルコンヌ, (創元社), ISBN: ISBN:978-4-422-21212-8
  • イスラーム神秘思想の輝き-愛と知の探求, 東長靖・今松泰, (山川出版社), ISBN: ISBN:978-4-634-47475-8
  • イスラームを学ぶ人のために, 山内昌之・大塚和夫編, (世界思想社),