コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

地域政治論Ⅱ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 51203 LJ31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 玉田 芳史(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
授業の概要・目的 東南アジア各国の政治を比較や鳥瞰によって理解することを狙っています。
到達目標 比較の観点から、特定の国の政治を的確に理解する能力を身につけます。
授業計画と内容 3段階の学習を通じて、東南アジア政治への理解を深めます。
(1)まず、東南アジア政治に関する日本語の入門書を2冊読みます。
 清水一史・横山豪志・田村慶子編『東南アジア現代政治入門』ミネルヴァ書房、2011年
 川村晃一・重冨真一・鈴木早苗・川中豪・中村正志編『東南アジアの比較政治学』アジア経済研究所、2012年
(2)次に、東南アジア政治に関するやや理論的な英語文献を輪読します。
 Erik Martinez Kuhonta, Dan Slater, and Tong Vu (eds), Souitheast Asia in Political Science: Theory, Region, and Qualitative Analysis (Stanford University Press, 2008).
 Dan Slater, Ordering Power: Contentious Politics and Authoritarian Leviathans in Southeast Asia (Cambridge University Press, 2010)
(3)最後に、東南アジア政治に関する最新の研究文献を読みます。さしあたりは次の4冊です。授業の進行状況や受講生の関心に応じて、ほかの文献も追加します。
 日下渉『反市民の政治学: フィリピンの民主主義と道徳』法政大学出版局、2013年
 本名純『民主化のパラドックス:インドネシアにみるアジア政治の深層』岩波書店、2013年
 山根健至『フィリピンの国軍と政治』法律文化社、2014年
 岡本正明『暴力と適応の政治学』京都大学学術出版会、2015年
成績評価の方法・観点 出席状況(報告や質疑応答を含む)
履修要件 英語文献を読む能力、日本語で報告する能力が必要です。
授業外学習(予習・復習)等 事前に講読文献を指示するので、それを読んで予習する必要があります。
教科書
  • 東南アジア現代政治入門, 清水一史・横山豪志・田村慶子, (ミネルヴァ書房),
  • 東南アジアの比較政治学, 川村晃一・重冨真一・鈴木早苗・川中豪・中村正志, (アジア経済研究所),
  • Souitheast Asia in Political Science: Theory, Region, and Qualitative Analysis, Erik Martinez Kuhonta, Dan Slater, and Tong Vu, (Stanford University Press),
  • Ordering Power: Contentious Politics and Authoritarian Leviathans in Southeast Asia, Dan Slater, (Cambridge University Press),
  • 反市民の政治学: フィリピンの民主主義と道徳, 日下渉, (法政大学出版局),
  • 民主化のパラドックス:インドネシアにみるアジア政治の深層, 本名純, (岩波書店),