コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

地域政治論Ⅲ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 51204 LJ31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水1
教員
  • 玉田 芳史(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
授業の概要・目的  2015年度はタイ政治の概説を行います。
到達目標  混迷を極めるタイ政治を理解できるようになることを目指します。
授業計画と内容  最初に、ここ1世紀ほどのタイ政治史を概観して全体像の把握に努めます。年表に依拠した出来事の歴史の解説です。一貫して主役あるいは主役級の役割を果たしてきた王室を説明の中心に据えます。1932年、1946年、1957年、1973年が大きな節目になります。
 次に、現代のタイ政治を理解するために重要なトピックをいくつか選んで、トピックごとに講義、講読、討論という手順で進めます。トピックとしては、官僚制・行政組織、地方政治行政、軍隊と政軍関係、政党・選挙、政経関係、憲法と司法、ナショナリズム、外国人労働者、社会運動とPeople power、マス・メディアと知識人、そして取りは君主制を予定しています。トピックごとに重要な基本文献を1点から数点紹介し、受講生に講読・報告してもらいます。
成績評価の方法・観点  出欠3割、講読と報告3割、討論への参加3割、上達度1割で評価します。
履修要件  日本語と英語の文献を読む能力、日本語か英語で報告する能力が必要です。
授業外学習(予習・復習)等  タイに関する概説書である綾部真雄編『タイを知るための72章』(明石書店、2014年)を読んでおくこと。
参考書等
  • 購読予定文献は、ほんの数例のみあげておくと、玉田芳史・船津鶴代編『タイ政治・行政の変革1991-2006年』(IDE、2006年);Andrew Macgregor Marshall, A Kingdom in Crisis (Zed Books, 2014); 野津隆志『タイにおける外国人児童の教育と人権』(ブックウェイ、2014年); ニック・ノステイック『赤vs黄第2部』(めこん、2014年)などである。