コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

総合地域論研究演習Ⅳ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 71354 SB31
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 3 単位
授業形態 ゼミナール
配当学年 3-5回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 水5
教員
  • 小泉 順子(東南アジア地域研究研究所 教授)
  • 石川 登(東南アジア地域研究研究所 教授)
  • 三重野 文晴(東南アジア地域研究研究所 教授)
  • 甲山 治(東南アジア地域研究研究所 准教授)
  • 小林 知(東南アジア地域研究研究所 准教授)
  • 中西 嘉宏(東南アジア地域研究研究所 准教授)
  • 柳澤 雅之(東南アジア地域研究研究所 准教授)
  • 町北 朋洋(東南アジア地域研究研究所 准教授)
授業の概要・目的 東南アジアの生態文化複合系の動態把握、社会・文化・政治・経済にまたがる動態とその相関、ならびに地域間比較を通じての地域固有の論理の析出などに関する広い課題を取り上げ、それを先端的な学術研究の動向に結びつけて発展させるための演習をおこないます。また、博士論文作成のために、多角的な視点からの評価や指導をおこないます。
到達目標 東南アジア地域研究の諸課題について、自主的、継続的に取り組む研究能力を養います。
授業計画と内容 第1週 オリエンテーション
第2-14週 各自の研究報告を中心とする演習
第15週 まとめと総合討論
成績評価の方法・観点 個別研究報告の内容と、毎回のゼミへの出欠と討論への参加度などによります。
履修要件 博士予備論文の審査に合格した者。
授業外学習(予習・復習)等 授業後は、配布されたレジュメ・資料やノートをもとに各自内容を振り返り、質問できなかった疑問点などを自分自身で明らかにしてください。また、事前にレジュメや資料が配られた場合は、十分な時間をとって目を通してから、授業に参加するようにしてください。