コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

水循環・風土論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 51314 LJ31
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 甲山 治(東南アジア地域研究研究所 准教授)
授業の概要・目的 水文学は地球上の水の動態や分布,水質などを対象とした学問であり,水循環や水資源,気候および水災害,環境の持続性なども取り扱う.本授業では,アジアモンスーン地域を中心に,水循環過程や人間活動と水循環の相互作用に関する講義を行う.
到達目標 水循環や風土に関する重要な研究課題について,自主的に対応できる能力を養う.
授業計画と内容 第一週 オリエンテーション
第二週から十四週 講義
第十五週 まとめ
成績評価の方法・観点 レポートの内容と、毎回の授業への出欠と討論への参加度などによる。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業前に予習すべきこととしては,受講生が興味を持つ地域における水問題や気象条件を調べておくこと.
関連URL
  • https://onlinemovie.cseas.kyoto-u.ac.jp/movie_kozan.html