コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

宗教社会論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-AAA01 51206 LJ31
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1,2回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 片岡 樹(アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
授業の概要・目的 本年度は、宗教人類学の基礎文献講読により、アジア・アフリカの宗教現象を理解する上での基礎的な諸概念について考察する。そもそも宗教とは何か、宗教の社会的機能とは何か、宗教はいかにして人々の世界に意味を与えるのか、といった問いは、これまでも多くの研究者によって論じられてきており、そこから得られた知見は、特定の地域を越えた普遍性をもつ問題提起となっている。本講義では、まずはそうした古典的著作が提示する知見を確認したうえで、受講生各自の関心に応じて発展的な文献講読を行っていく。以上を通じ、東南アジア宗教論を学上での基礎力の涵養をめざす。

到達目標 ・東南アジア地域研究にたずさわる上での基本語彙を養う。
・東南アジア宗教に関する重要論点を理解する。
・日本と東南アジアとを相互に関連づけながら問題を構成する能力を養う。
・国内外の基本文献に関する知識、および、継続的に学術論文を読みながら個々の論文の問題点を抽出し討論する能力を養う。
・先行文献の講読を通じ、それらを土台に自分の論文の問いを構成する訓練を行う。
・討論術や配付資料づくりなどの発表技術の向上をめざす。
授業計画と内容 ・授業計画は次のとおりである。
第1回:ガイダンス
第2回-第6回:「宗教と世界観」(『詳論文化人類学』)の講義
第7回~第15回:各受講生の研究関心に応じた基礎文献の講読
成績評価の方法・観点 成績評価は①文献講読の分担(50点)、②平素点(出席・討論における発言等。50点)、により行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 参考文献は授業中に適宜紹介するので、履修者は次回授業時までにそれらに目を通しておくことが求められる。
参考書等
  • 詳論文化人類学, 桑山敬己、綾部真雄(編), (ミネルヴァ書房), ISBN: ISBN:978-4-623-08271-1