コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

環境保全科学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENE03 76304 LJ71
  • G-ENE03 76304 LJ28
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 川那辺 洋(エネルギー科学研究科 教授)
授業の概要・目的 熱エネルギー及び動力システムによるエネルギー変換において発生する地球規模および地域的環境問題の実態を概観し、環境を保全するための熱エネルギー変換システムとその評価、設計、制御に関して最新の知見を交えて議論する.
到達目標 エネルギ・資源問題の実態を理解するとともに,将来に及ぼす影響に関し各種の資料に基づいて議論することにより,持続可能な社会を構築するために我々が何をすべきかについて考察する.
授業計画と内容 熱エネルギー変換システムに関するいくつかの課題を設定し,その背景となる事項,関連する技術の内容,課題の解決に向けた方策,問題点,等をレポートにまとめる.その際,英文・邦文による専門書,雑誌,学術論文などを講読するとともに,適宜,Web検索も交え,様々な観点を担当教員らと議論しながら作業を進める.
 対象とする課題の例としては,以下のものが挙げられる.
1)持続可能社会のエネルギー供給
2)水素エネルギーシステム
3)コジェネレーションシステム
4)クリーンエンジンシステム
5)バイオマス変換・利用システム
  など
以上の内容について,フィードバックを含め全15週で実施する.
成績評価の方法・観点 レポートの内容に加えて、議論の内容・状況を総合し,到達目標の達成度にもとづいて100点満点の素点で評価する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示する.
教科書
  • レポート作成のための基礎資料,などを配布する.