コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻 エネルギーエコシステム学特論

エネルギーエコシステム学特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENE01 76110 SJ28
  • G-ENE01 76110 SJ80
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 河本 晴雄(エネルギー科学研究科 教授)
授業の概要・目的 エネルギーエコシステム学の方法論とその応用について最新の学識を体系的に教授した後、演習を行って当該分野の学術体系の体得とその発展動向についての認識を深めさせる。
到達目標 エネルギーエコシステム学の方法論とその応用について体系的に理解し、関連の演習によりその理解をより専門的に深化させる。
授業計画と内容 以下の内容に関する学術的、実践的課題を取り上げ、調査検討した結果をゼミ形式で発表・討論する。これらを通して、本分野の最新の学識を身につけるとともに、学術体系の体得と発展動向についての認識を深めさせる。
 ・地球環境の現状とバイオマス資源
 ・世界のエネルギー事情とバイオ燃料
 ・バイオマスのエネルギー変換(超臨界流体法、熱分解法、酸加水分解法及び酵素法など)
 ・液体バイオ燃料(バイオエタノールやバイオディーゼル)とバイオケミカルス及びバイオ材料

  1)学術的、実践的課題の抽出(2週)
  2)抽出課題の調査とまとめ(10週)
  3)ゼミ形式の発表・討論(3週)
成績評価の方法・観点 積極的な研究発表(80%)及び平常点(20%)などにより総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 演習用資料の作成
教科書
  • 講義時に資料を配付する。