コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻 エネルギー社会・環境科学通論I

エネルギー社会・環境科学通論I

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENE01 53111 LJ28
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火1
教員
  • 石原 慶一(エネルギー科学研究科 教授)
  • 手塚 哲央(エネルギー科学研究科 教授)
  • 河本 晴雄(エネルギー科学研究科 教授)
  • 下田 宏(エネルギー科学研究科 教授)
  • 宇根崎 博信(複合原子力科学研究所 教授)
  • 黒﨑 健(エネルギー科学研究科 教授)
  • 吉田 純(人間・環境学研究科 教授)
  • 奥村 英之(エネルギー科学研究科 准教授)
  • MCLELLAN,Benjamin(エネルギー科学研究科 准教授)
  • 尾形 清一(エネルギー科学研究科 准教授)
  • 石井 裕剛(エネルギー科学研究科 准教授)
  • 亀田 貴之(エネルギー科学研究科 教授)
  • 上林 宏敏(複合原子力科学研究所 准教授)
授業の概要・目的 (平成31年度は本科目は開講せず、日本語科目のエネルギー社会・環境科学通論IIを開講)
(This class will not be offered in 2019. Instead, Japanese class "エネルギー社会・環境科学通論II" will be offered in 2019.)
人類の生存にかかわる様々なエネルギー・環境問題を解決するためには、幅広い知識を持ち、多角
的な視点から問題を分析・評価する能力が必要である。この講義では、エネルギー社会・環境科学
専攻の教員がオムニバス形式でエネルギーと環境についての様々なテーマを最新の研究成果をまじ
えながら講述する。また、コンピュータを利用したディベートに参加することにより、エネルギー
問題を多角的な視点から分析する技術を習得するとともに、自分の考えを論理的に主張する方法に
ついて学ぶ。
到達目標 エネルギー社会・環境科学に関する幅広い知識を習得し、エネルギー問題を工学的、社会的、政治
的、経済的、生態・環境的諸側面から総合的に分析・評価できるようになる。また、各種エネルギ
ー問題に対する自らの考えを説得力を持って他人に主張できるようになる。
授業計画と内容 本授業は以下のテーマで構成される。順番は専攻ガイダンス時にアナウンスする。
第1回 エネルギー需給の基礎(手塚哲央)
第2回 エネルギー統計の読み方(手塚哲央)
第3回・第4回 エネルギーの基礎 (石原慶一)
 (a) エネルギーの源
 (b) エネルギー保存の法則
 (c) エントロピーの法則

第5回 省エネルギー① (手塚哲央)
 (a) 家庭部門の省エネルギー
第6回 省エネルギー② (石原慶一)
 (b) 運輸、産業部門の省エネ
 (c) 省エネルギーの目標、省エネ法
第7回 新エネルギー① 河本晴雄
 (a) 新エネルギーとは
第8回 新エネルギー② 河本晴雄
 (b) 太陽光、風力、地熱、バイオマスなどの現況
 (c) 世界の新エネルギー
第9回 Hydrogen Energy, Energy Storage(Benjamin Mclellan)
(水素エネルギー、水素貯蔵)
 (a) Types of energy storage
 (b) Hydrogen production and storage routes
 (c) Characteristics for comparison

第10回 原子力① 宇根崎博信
 (a) 原子力技術
第11回 原子力② 宇根崎博信
 (b) 原子力政策

第12回 発電・送電・配電 石井裕剛
 (a) 電気エネルギーの基礎的知識
 (b) 発電方法
 (c) 送電方法
 (d) 配電方法の基礎
 (e) スマートグリッド

第13回 総合討論(ディベート)① 石井裕剛
第14回 総合討論(ディベート)② 石井裕剛
第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 各教員が提示するレポート課題及び平常点(授業参加への積極性等)により成績を評価する。(レ
ポート点は70点満点、平常点は30点満点、合計100点満点とする)
履修要件 None
授業外学習(予習・復習)等 予め指定のテキストを読むことを推奨する。
教科書
  • 専攻ガイダンス時に配布するテキスト(エネルギー社会・環境科学通論II)および配布資料を使 用する。
参考書等
  • 授業中に紹介する