コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 航空宇宙工学専攻 気象学Ⅱ

気象学Ⅱ

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG07 44407 LJ58
  • G-ENG07 5M227 LJ58
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 石岡 圭一(理学研究科 准教授)
授業の概要・目的 大気大循環の駆動源の理解に欠かせない大気光化学および放射伝達の基礎について解説し,対流圏,成層圏・中間圏それぞれの大気大循環について,エネルギーおよび角運動量収支の立場から概観する。
到達目標 対流圏,成層圏・中間圏の大気大循環の基本的メカニズムについて理解し、主にグローバルな大気現象について探究するための基礎的能力を養う。
授業計画と内容 大気光化学,3~4回,
放射伝達,3~4回,
対流圏の循環,3~4回,
成層圏・中間圏の循環,3~4回,
成績評価の方法・観点 1回の試験の結果により評価する(素点(100点満点))。
履修要件 気象学Ⅰの知識を前提とする.
授業外学習(予習・復習)等 授業時に指示する。
教科書
  • 資料は授業中に配布する。