コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 原子核工学専攻 インターンシップD(原子核)

インターンシップD(原子核)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG38 7R017 PB77
開講年度・開講期 2020・後期集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 小林 大志(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 日本の産業を支える企業の工場、研究所などで、工業製品の生産、新製品の開発、設計、基礎研究などの実務を体験し原子核工学の方法論や考え方を習得する。期間は夏休みなどの2週間程度。
到達目標 実社会における研究機関や企業の活動を経験することにより就業意識を高めること、および、社会が求める能力を知ることによって学習意欲を高めることを目標とする。
授業計画と内容 実習。回数15回(研究先での計画に従う。)
成績評価の方法・観点 インターンシップ先と受講者の両方の報告書で評価する
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 インターンシップ先の指示に従うこと。