コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 原子核工学専攻 量子ビーム科学特論

量子ビーム科学特論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG38 7R001 LJ53
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金4
教員
  • 松尾 二郎(工学研究科 准教授)
  • 土田 秀次(工学研究科 准教授)
  • 斉藤 学(工学研究科 教授)
  • 間嶋 拓也(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 高エネルギー重イオンや小型電子ビーム源、SPring-8放射光、フェムト秒レーザーなどの高機能性量子ビームは基礎科学分野において新奇な学際領域の開拓を促していると同時に、産業界において重要不可欠な研究手法・プローブとなっている。本講はセミナー形式をとり、様々な分野で展開している最先端研究を題材にして、量子ビーム科学の学理と応用について考察する。
到達目標 量子ビームをベースとする広範な分野において展開している最先端研究の現状と将来性について理解を深めることを目標とする。
授業計画と内容 イオンビーム関連分野,6回
原子物理学を主とする基礎科学、材料・生体・ナノ加工・生物育種・放射線がん治療分野における諸研究を広くサーベイし、課題を抽出し纏めを行う

電子・レーザー関連分野,4回
加速器科学分野・レーザー誘起高速重イオンイオン源開発分野等での課題抽出と纏めを行う

シンクロトロン放射光関連分野,2回
シンクロトロン放射光の技術開発と応用分野における課題のサーベイと纏めを行う

反粒子・ミューオンニュートリノ関連分野,2回
世界最大の加速器施設(CERN,GSI,等)における先端研究のサーベイによる課題抽出と纏めを行う

学習到達度の確認,1回
成績評価の方法・観点 課題に対する纏めとプレゼンに対し質疑応答により理解度等の評価を行う
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 課題に対する纏めとプレゼンをしっかりと準備すること。
教科書
  • 適宜プリントを配布する