コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

技術者倫理と技術経営

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG07 5G057 LJ77
  • G-ENG05 8G057 LJ71
  • G-ENG06 8G057 LJ71
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士1回生
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木3
教員
  • 椹木 哲夫(工学研究科 教授)
  • 中西 弘明(工学研究科 講師)
  • 富田 直秀(工学研究科 教授)
  • 小森 雅晴(工学研究科 教授)
  • 松原 厚(工学研究科 教授)
  • 土屋 智由(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 将来,社会のリーダー,企業などでのプロジェクトリーダーとなるべき人間が基本的に知っておくべき工学倫理と技術経営の基礎知識を講義し,それをもとに,グループワークとしての討論と発表をする.「工学倫理」は,工学に携わる技術者や研究者が社会的責任を果たし,かつ自分を守るための基礎的な知識,知恵であり,論理的思考法である.「技術経営」とは,技術者・研究者が技術的専門だけにとどまるのではなく,技術を効率的・効果的に事業成果に結びつけるための基礎的な思考法を提供するマネジメント論である.以上について,各専門の講師団を組織し,講義,討論,発表を組み合わせた授業を行う.
到達目標 自立した技術者を養成する.
授業計画と内容 工学倫理,9回
1.工学倫理の概論
2.医工学倫理
3.日本技術士会および海外の工学倫理
4.製造物の安全と製造物責任
5.「広義のものづくり」と技術者倫理
 (1)6.「広義のものづくり」と技術者倫理
 (2)7.【グループディスカッション結果の発表、全体討論。1室で実施】
8.技術者倫理の歴史と哲学
9.技術者倫理の課題発表

技術経営,5回,
1.プロダクト・ポートフォリオ,競争戦略
2.事業ドメイン,市場分析技術経営
3.企業での研究開発の組織戦略
4.研究開発の管理理論
5.技術経営の課題発表1

総括,1回
成績評価の方法・観点 レポートとグループ発表による.原則,レポート60%,グループ発表40%とする.
履修要件 なし
授業外学習(予習・復習)等 各回の講義について理解し,課題に対して適切なレポートを作成すること.
教科書
  • なし
参考書等
  • なし