コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

インターンシップM(機械工学群)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG05 6G049 PJ71
  • G-ENG06 6G049 PJ71
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 2 単位
授業形態 実習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 蓮尾 昌裕(工学研究科 教授)
  • 黒瀬 良一(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 日本の工業を支える企業の工場・研究所などの現場で,工業製品の生産,新製品の開発・設計・基礎研究などの実務を体験する.また,実際の工業生産の現場でのものづくりにおけるチームワークや生産プロセスなどを具体的に学修する.これらのことにより,ものづくりにおける人間と機械と組織のあり方を学び,勉学を動機づけし将来の進路を考えるための基礎とする.
機械系専攻や工学研究科の事務室に募集要項を送ってきている企業およびホームページで募集している企業から,各自でインターンシップ先を探し,申し込む.
事前に計画書を提出した上でインターンシップに参加する.
インターンシップ終了後にレポートを提出し,インターンシップ報告会で発表する.
IAESTEなどによる海外企業での研修も対象とする.
詳細は物理系事務室教務に問合せること.
到達目標 現場における生産・設計・開発・研究などの経験
職業意識の育成
将来の進路決定の支援
社会で必要とされる柔軟性や創造性の涵養
グループワークに不可欠な柔軟性と自己主張性の啓発
授業計画と内容 上記の主題に沿った内容で,おもに休暇期間中の2週間以上のものを原則とする.1週間程度のものや,会社説明や会社見学を主とするものは除く.なお,長期間のものや,IAESTEなどの海外インターンシップも可能.
インターンシップ終了後,インターンシップ報告会を実施する.
成績評価の方法・観点 インターンシップ終了後に提出する報告書(5割),およびインターンシップ報告会での発表(5割)に基づいて評価する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 インターンシップ先の指示に従うこと。