コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 機械理工学専攻 金属結晶学

金属結晶学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG05 5G055 LB71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木3
教員
  • 澄川 貴志(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 金属の結晶構造や変形挙動について,金属物理と転位論を基にした講義を行う.とくに,変形に伴い変化する転位構造や転位自身の力学的性質を紹介し,また,粒界や自由表面,異材界面などが転位に及ぼす影響について解説を行う.
到達目標 結晶作製法から転位論,その観察や力学特性に対する系統的な理解を深める.
授業計画と内容 講義内容の紹介,1回,概説
理想強度とすべり変形
転位の概念
各種シミュレーション
結晶学の基礎,1回,代表的な結晶構造
同素変態
結晶の投影とステレオ投影図
高温・真空技術,1回,炉
真空ポンプとその原理
結晶育成,2回,単結晶・双結晶の育成
結晶成長
蒸着と薄膜
転位論,3回,結晶の塑性変形
転位の定義と種類
転位まわりの力学場
転位反応
増殖機構
単・双結晶の機械的性質,1回,転位組織
粒界構造
転位と粒界の力学反応
マイクロ・ナノ材料の変形

疲労,3回,単結晶の疲労
疲労転位組織
疲労き裂発生機構
マイクロ・ナノ材料の疲労
観察・分析技術,2回,各種電子顕微鏡と観察例
フィードバック,1回,統合的なレポート
成績評価の方法・観点 平常点及びレポート
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義で出る課題に関して,予習と復習を行うこと.
教科書
  • プリント配布