コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 機械理工学専攻 機械理工学特別実験及び演習第一

機械理工学特別実験及び演習第一

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG05 6G051 EB71
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 4 単位
授業形態 実験
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 黒瀬 良一(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 機械システム創成学、生産システム工学、機械材料力学、流体理工学、物性工学、機械力学、バイオエンジニアリング、粒子線物性工学の各研究指導分野において、研究論文に関する分野の演習・実習を行う。
到達目標 修士課程で実施する研究内容の世界での現状を把握し、研究の方向性を定める。
授業計画と内容 研究公正ガイダンス,1回,研究公正に関するガイダンスを行う。
論文読解,9回,修士論文研究に関する最新の論文を取り上げ、議論する。
研究ゼミナール,10回,修士論文研究に関して議論するゼミにおいて、研究内容を 報告する。
修士研究実験及 び演習,10回,修士論文研究に関する実験、及び演習を行う。
成績評価の方法・観点 出席数、研究経過の進捗・成果の報告のための資料の作り方、報告時の発表内容の質および質疑応答の態度を見て評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 指示された参考書および学術論文等を学期をかけて読み進めること.