コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 機械理工学専攻 メカ機能デバイス工学

メカ機能デバイス工学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG05 6G025 LB71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水3
教員
  • 小森 雅晴(工学研究科 教授)
  • 平山 朋子(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 機械装置が求められる機能を実現するためには,原動機,作業機,ならびに,伝動系が必要となる.例えば,自動車では原動機としてエンジンが,伝動系としてトランスミッションやクラッチ,シャフトが,作業機としてタイヤが用いられている.加工機では,モータ,送りねじ,ステージがそれぞれに該当する.本講義では,原動機を取り上げ,その種類,特徴,原理,長所・短所などを解説する.また,トライボロジーの基礎,表面と接触,摩擦・摩耗,潤滑理論,動圧案内,静圧案内,転がり案内,オイルシール,メカニカルシール,パッキンについて学ぶ.
到達目標 講義で取り上げる原動機,トライボロジーに関して原理と基本的特徴を理解する.
授業計画と内容 概要,1回,機械装置の構成,原動機・作業機・伝動系の実例紹介,アクチュエータの実例紹介
電磁力,2回,アクチュエータに利用する原理,電磁力モータの種類,同期モータの原理・特徴,回転磁界の生成方法,誘導モータ,リラクタンスモータ,直流モータ,ステッピングモータ
静電気力,圧電,2回,静電気力のアクチュエータとしての利用,原理と特性の解説.圧電効果,圧電効果の特性,圧電材料,分極,変位と力,ヒステリシス,種類と基本構造,応用.
流体圧,超音波,形状記憶合金,2回,流体圧アクチュエータ.超音波モータ.形状記憶効果,形状回復力.
トライボロジー,5回,トライボロジーの基礎,表面と接触,摩擦・摩耗,潤滑理論
案内,1回,動圧案内,静圧案内,転がり案内
シール,1回,オイルシール,メカニカルシール,パッキン
フィードバック授業,1回,質問に対して回答する
成績評価の方法・観点 平常点,テスト,レポート課題等によって総合的に評価する.
履修要件 特になし.
授業外学習(予習・復習)等 授業時の配布資料などで復習をすること。
教科書
  • 必要に応じて指示する.
参考書等
  • 必要に応じて紹介する.