コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 機械理工学専攻 光物理工学

光物理工学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG05 7G021 LB71
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 蓮尾 昌裕(工学研究科 教授)
  • 四竈 泰一(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 現代の科学技術において光の利用範囲は格段に拡大している.本講ではその理解に必要となる光の物理的性質とその応用について講述する.光を取り扱う上で重要となる誘電体中での光の伝播,結晶光学,量子光学,レーザーなどの基礎的事項を取り上げる.続いて,原子・分子・固体を例に光と物質の相互作用について解説し,分光学の基礎とその応用を最近の進展をまじえ,紹介する.
到達目標 光工学や分光学の原理を修得し,物理的理解に基づく応用力を身に付けることを目標とする.
授業計画と内容 光の分散論,6回,誘電体中の光の伝播(ローレンツの分散論),結晶光学,非線形光学
量子光学,1回,光の量子論,レーザーの原理
光と物質の相互作用,5回,光による物質の状態間の遷移,原子・分子・固体の量子状態の記述と遷移における規則(選択則)
選択則と群論,2回,群論の初歩と選択則へのその応用
フィードバック,1回
成績評価の方法・観点 講義中に提示する課題のレポート試験に基づき,評価する.
履修要件 電磁気学および量子力学の知識を有することを前提としている.
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示する.
教科書
  • 適宜プリントを配布する.
参考書等
  • 授業中に指示する.