コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 建築学専攻 先端建築学特論I

先端建築学特論I

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG34 5Q021 LJ74
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 高野 靖(工学研究科 教授)
  • 原田 和典(工学研究科 教授)
  • 金多 隆(工学研究科 教授)
  • 神吉 紀世子(工学研究科 教授)
  • 牧 紀男(防災研究所 教授)
  • 小椋 大輔(工学研究科 教授)
  • 三浦 研(工学研究科 教授)
  • DANIELL,Thomas Charles(工学研究科 教授)
  • 冨島 義幸(工学研究科 教授)
  • 平田 晃久(工学研究科 教授)
  • 田路 貴浩(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 建築計画学および環境工学において必要となる,建築と都市の歴史的・文化的背景をふまえ,優れた建築物の存在と意義,優れた建築物の計画・設計の具体的な方法論を学ぶ.これにより,優れた研究を遂行できる能力を身に着ける.
到達目標 建築計画学および環境工学の先端的課題に関して、独創的な論文を作成する能力を身につける。
授業計画と内容 (第1週~15週)建築計画学および環境工学における先端的研究に関して担当教官または学生が講述し,その内容に関して討論を実施する.
成績評価の方法・観点 討論内容をまとめたレポートを提出し,担当教員3名で評価し,成績とする.
履修要件 計画系または環境系の研究室に所属する者の履修を前提とする。
授業外学習(予習・復習)等 指導教員との相談を通じて、関連参考文献(国内・国外)について調査を行うこと。