コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 建築学専攻 インターンシップⅠ(建築)

インターンシップⅠ(建築)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG04 7B071 PJ74
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 4 単位
授業形態 実習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 神吉 紀世子(工学研究科 教授)
  • 吉田 哲(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 建築士事務所に出向き、建築設計の実務経験が豊富な一級建築士の指導のもと、設計図書の作成等の建築設計の補助業務を行う。インターンシップⅠでは、アトリエ型の設計事務所において、住宅、集合住宅、オフィス、デイケアセンター等の比較的小規模なプロジェクトの実務に参加し、基本設計、実務設計に必要な基礎的な実務遂行能力を養う。
前期(夏期)に4週間のインターンシップ及び事前ガイダンスを実施し、後期に報告会を行う。
到達目標 基本設計、実務設計に必要な基礎的な実務遂行能力を養う。
授業計画と内容 事前ガイダンス(2時間)
建築の設計実務の概要を解説し、インターンシップの内容・意義を理解する。事務所における行動指針等に関する留意事項を与える。

プロジェクトの解説(8時間)
インターンシップで取り組むプロジェクトの概要、及びその中で取り組む実習の位置付けを解説する。

設計条件整理・情報収集(12時間)
与条件の整理、敷地環境の調査、類似例に関する情報の収集、関連法規の把握等を通じて、設計条件を整理する。

基本設計(80時間)
基本設計のための設計概要(規模、階数、必要諸室、ゾーニング、構造計画、設備計画等を含む)をまとめる。アイデアスケッチから始めて、基本的な設計案を作成するプロセスに参加し、基本設計図書の作成、模型・CG等の制作などを支援する。

実施設計(80時間)
積算及び施工のための設計図書(特記仕様書、計画概要書、仕上げ表、意匠設計図、外構図、構造設計図、設備設計図等を含む)の作成を補佐する。

報告会(2時間)
インターンシップの実施報告に基づき、成果を確認する。
成績評価の方法・観点 インターンシップの実施状況により評価する。
履修要件 下記2種類の届け出が必要です。
(1)インターンシップ科目及びインターンシップ関連科目(演習・実験・実習)履修希望及び理由書
(2)履修届
建築学専攻の単位取得にならないオープンデスクや海外でのインターンシップなどとのいずれにするかよく検討してから上記を提出・登録ください。
授業外学習(予習・復習)等 適宜指示する
教科書
  • 必要に応じて資料等を配布し、文献を紹介する。
参考書等
  • 必要に応じて指示する。