コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 建築学専攻 人間生活環境認知論

人間生活環境認知論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG04 5B038 LJ74
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 石田 泰一郎(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 生活環境における人間の視知覚や認知の特性に基づいて,視環境設計の基礎となる考え方を講述する。また,関連する照明工学や色彩工学の基礎事項と最新動向についても解説する。さらに,学生発表と討論形式を取り入れることによって理解の習熟を図る。
到達目標 生活環境における人間の視知覚や認知の働きを理解し,照明工学,色彩工学などの知識を応用することによって,視環境の課題を基礎から考察できるようになる。また,人間に相応しい視環境を設計するための基盤となる知識,考え方を習得する。
授業計画と内容 1. イントロダクション(1回)
視環境と人間
生活環境の光と色

2. 光と色の記述(2回)
測光と測色システム
表色系の発展
環境における光と色の知覚

3. 視覚認知とその理論(1回)
表面の明るさ・色の知覚
空間知覚
視覚理論

4. 見やすさの設計(1回)
視認性
光源とその特性
演色性

5. 光環境の設計(2回)
光環境の心理評価
明るさ感,活動感
色光照明の効果
光と生理機構
照明の実際

6. ものを見る視覚の働き(1回)
視野と眼球運動
中心視と周辺視
視覚探索

7. 視覚・色彩情報の基礎(1回)
色による分類・探索
色のカテゴリー
観察条件による色の変化

8. 様々な視覚特性(1回)
視覚障害
加齢効果
色覚異常
ユニバーサルデザイン

9. 色彩の心理(1回)
色彩心理
配色
建築の色彩

10. 学生課題発表(4回)
視環境調査の課題に関する学生発表と議論を行う。
成績評価の方法・観点 レポート課題,学生発表,平常点(出席状況,授業参加)を総合的に評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業内容を見直し疑問点を自ら学習したり,学んだことを実際の視環境に適用して考えたりすることによって,理解を深めることが望ましい。
教科書
  • 授業資料を配付する。