コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 建築学専攻 建築プロジェクトマネジメント論

建築プロジェクトマネジメント論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG04 5B019 LJ74
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 金多 隆(工学研究科 教授)
  • 西野 佐弥香(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 日本におけるPM/CMの現状を解説する
実務家によるPM/CM関連の実践例を紹介する
各回の講義の後、当日の講義内容に関する質問、意見等討論
到達目標 プロジェクトマネジメントの基礎の理解と簡単なプロジェクトで実際に活用できる能力を身につける
授業計画と内容 PM/CMの基礎(2回)
プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントの基礎的な内容に関して講述する。

PM/CMを活用したプロジェクトの実践例(6回)
プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントを活用した実際のプロジェクトを取り上げ、具体的な業務とその進め方、得られる成果等について実務家の講義を交えて解説する。

PM/CMに含まれる考え方・手法の解説(2回)
プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントによって実施されるプロジェクトの中で、活用される具体的な考え方、手法、道具などについて講述する。

PM/CMに関するトピックス(2回)
プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントに関する世界の動向、日本のビジネスの最前線の話題を取り上げ解説する。

PM/CMに関する討論(3回)
半期の講義の締めくくりとして、プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメントについて、自由に討論する。必要に応じて、疑問・課題について解説する。最後に学習到達度の確認をフィードバック授業として行う。フィードバック授業に関しては文末の「その他」参照。
成績評価の方法・観点 講義への出席・発表状況、講義中の数回のレポート、期末レポートの試験を総合する。
履修要件 学部講義「建築生産Ⅰ」「建築生産Ⅱ」は履修済みであることを前提とする。
授業外学習(予習・復習)等 適宜指示する
参考書等
  • 建築生産(改訂版), 古阪秀三, (理工図書), ISBN: ISBN:978-4-8446-0863-9
  • 建築生産ハンドブック, 古阪秀三, (朝倉書店), ISBN: ISBN:978-4-254-26628-3