コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 人間安全保障工学分野 人間安全保障工学概論

人間安全保障工学概論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG55 5X301 LE73
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 水5
教員
  • 島田 洋子(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 人々を日常の不衛生・災害・貧困などの脅威から解放し,各人の持つ豊かな可能性を保障する人間安全保障工学に関連する諸学問を,都市ガバナンス,都市基盤ガバナンス,健康リスク管理,災害リスク管理という視点から理解を深めると共に,それらの有機的なつながりについて体系的に教授する.
到達目標 人間安全保障工学に関連した問題への実用的アプローチ法を習得する
授業計画と内容 Orientation(1time)
Orientation, Self-Introduction and Photo Session

Overview of Human Security Engineering(1time)
What is Human Security Engineering? We will give brief answer to this question.

Urban Governance(5times)
Lecture on Human Right, Property and Social Capital, and Community Dimension of Human Security in Urban Context. Presentation by students and discussion will be also carried out.

Urban Infrastructure Management(2times)
The role and importance of urban infrastructure management for establishment of human security will be presented. Presentation by students and discussion will be also carried out.

Health Risk Management(2times)
The role and importance of health risk management for establishment of human security will be presented. Presentation by students and discussion will be also carried out.

Disaster Risk Management(2times)
The role and importance of disaster risk management for establishment of human security will be presented. Presentation by students and discussion will be also carried out.

Technical tour(2times)
Technical tour on human security engineering.
成績評価の方法・観点 平常点評価(20%)、プレゼンテーション(40%)、レポート(40%)で評価する。
平常点評価には、授業中の討論への積極的な参加と学外見学への参加を含む。
・学外見学、プレゼンテーション、レポートはすべて必須とする。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 Necessary information will be distributed in the class.
教科書
  • 毎回、プリントを電子ファイルとして提供する。
参考書等
  • Challenges for Human Security Engineering (Springer, 2014)