コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 融合光・電子科学創成 融合光・電子科学の展望

融合光・電子科学の展望

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG10 5X001 LJ72
  • G-ENG11 5X001 LJ72
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 金2
教員
  • 藤田 静雄(工学研究科 教授)
  • 関係教員(工学研究科)
授業の概要・目的 光・電子科学に関わる融合領域において、既存の物理限界を超える概念や新機能創出を目指す学術分野が構築されつつある。究極的な光子制御、極限的な電子制御やイオン制御、ナノ材料の創成と計測、集積システムの設計と解析、高密度エネルギーシステムなどの先端分野の基礎概念を関連する教員が講述する。
到達目標 研究の第一線で活躍される教員の生の声を聴いて、光・電子科学の現状と展望について理解を深めると共に、研究の魅力や面白さを習得する。
授業計画と内容 講義の習熟度を適宜量りながら、12名以上の教員による融合光・電子科学分野に関するリレー講義を行う。
成績評価の方法・観点 各講義の出欠状況ならびにレポート採点によって評価を行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて指示する