コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 生命・医工融合分野 医学物理学

医学物理学

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG53 5M423 LJ89
  • G-ENG53 5M423 LJ25
  • G-ENG53 5M423 LJ88
  • G-ENG53 6W652 LJ89
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 中村 光宏(医学研究科 准教授)
授業の概要・目的 放射線治療の臨床現場で生じた様々な問題に対処し、治療の品質を維持・管理 するためには、治療に用いる各種放射線の性質、治療関連装置・機器の物理的特性を理解することが重要である。本講義では、放射線治療装置や治療計画装置の構造、線量分布計算アルゴリズム、定位放射線治療や強度変調放射線治療などの放射線照射技術について説明する。これらの物理的特性から、高精度放射線治療を実現するため装置の性能、照射精度、治療品質を維持管理するための手法について学習する。
到達目標 1. 各種放射線の性質を説明できる。
2. 治療関連装置・機器の物理的特性を説明できる。
3. 放射線治療装置や治療計画装置の構造を説明できる。
4. 線量分布計算アルゴリズムを説明できる。
5. 定位放射線治療や強度変調放射線治療などの放射線照射技術を説明できる。
授業計画と内容 (1) 放射線治療概要【1週】:
放射線治療物理学,放射線生物学を含む放射線治療概要

(2) 各種放射線【2週】:
X線,γ線,電子線,粒子線などの性質
深部線量百分率,軸外線量比,照射野係数,ウェッジ係数他

(3) 放射線治療装置や放射線治療計画装置【2週】
放射線治療装置や放射線治療計画装置の構造や物理的特性

(4) 線量計算アルゴリズム【2週】
線量計算アルゴリズムの特徴

(5) 定位放射線治療【2週】
脳定位放射線治療,体幹部定位放射線治療

(6) 強度変調放射線治療【2週】
強度変調放射線治療,強度変調回転放射線治療

(7) 小線源治療【2週】
密封小線源,非密封小線源,組織内照射,RALS

(8) 四次元放射線治療【2週】
息止め照射,呼吸同期照射,動体追尾照射
成績評価の方法・観点 討論への積極的な参加(10点)、レポート(1回、40点)、口頭試験(50点)により評価する。
レポートおよび個別報告については到達目標の達成度に基づき評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習・復習:講義資料やノートに目を通す
教科書
  • なし
参考書等
  • なし