コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 デザイン学分野 デザイン学特別演習II

デザイン学特別演習II

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG01 7X482 SJ18
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 4 単位
授業形態 演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 神吉 紀世子(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 デザイン学の諸分野において、自らの研究テーマに関する目標設定と、目標に到達するための方法論について研究指導を行う。また、学生の研究成果を、学会などの外部へ発表するための基本的な論文作成技術の指導を行う。さらに、自らの研究テーマの当該分野における位置付けや、得られた成果の意義、今後の発展性について十分な議論を行い、独自に研究を遂行し、それを外部に向けて発信し得る能力を養成する指導を行う。M2の前後期であわせて30回程度の研究室ゼミを行う。
到達目標 学生の研究テーマに関連する分野において、自ら発見した問題について、その問題をどのように、どこまで解決するのかの目標を自ら設定できること。また、その問題を適切にプレゼンテーションし、討論を通じて問題解決の効率化を図ることのできる技術を身につけること。
授業計画と内容 デザイン学に関する研究・プレゼンテーション・討議,15回,研究テーマとフレームの設定、調査・実験等の実施、データ分析・考察、研究成果のとりまとめ、内外の研究会や学会での発表、ディスカッション等を通年でとりくむ。
成績評価の方法・観点 ゼミや学会での発表や討論を通じ、独自に研究を遂行し得る研究管理能力やプレゼンテーション能力などを総合的に判断する。
履修要件 原則としてデザイン学特別演習Ⅰを履修していること
授業外学習(予習・復習)等 演習中に指示する。
教科書
  • 演習中に指示する
参考書等
  • 演習中に指示する