コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 デザイン学分野 デザイン学特別演習I

デザイン学特別演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG01 7X481 SJ18
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 4 単位
授業形態 演習
配当学年 修士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 神吉 紀世子(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 デザイン学の諸分野に関する学生の研究テーマを中心に、重要な既往研究あるいは周辺関連領域まで含めた範囲の最新の研究についての討論を通じ、研究成果ならびに多様な研究方法、評価方法を習熟させる。従来の研究方法を理解させるだけでなく、従来の研究方法にとらわれない自由な発想を喚起する指導を行う。他の学生との討論を通じて問題発見、解決能力を養成する指導を行う。M1の前後期あわせて15回程度の研究室ゼミを行う。
到達目標 関連する分野において、これまでの問題と、それがどのように解決されていたかを理解できること。また、自ら問題を発見し、それを解決するにはどのような困難があるのかを理解できること。
授業計画と内容 デザイン学に関する研究・プレゼンテーション・討議,30回,研究テーマとフレームの設定、調査・実験等の実施、データ分析・考察、研究成果のとりまとめ、内外の研究会や学会での発表、ディスカッション等を通年でとりくむ。
成績評価の方法・観点 ゼミでの発表や討論を通じ、学生の研究方法・評価方法の習熟度の他、情報収集能力、問題発見能力や課題解決能力を総合的に判断する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 演習中に指示する
教科書
  • 演習中に指示する
参考書等
  • 演習中に指示する