コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 デザイン学分野 防災・減災デザイン論

防災・減災デザイン論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG76 63291 LJ12
  • G-ENG76 63291 LJ24
  • G-ENG76 63291 LJ73
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 多々納 裕一(防災研究所 教授)
  • 畑山 満則(防災研究所 教授)
  • Cruz Ana Maria(防災研究所 教授)
  • SAMADDAR,Subhajyoti(防災研究所 准教授)
授業の概要・目的 東日本大震災の発生など、わが国でも自然災害の発生が頻発化と激化の傾向を示すだけでなく、予想外のさまざまな原因による危機が増発しており行政組織さらには民間組織において危機管理に対する関心が高まっている。わが国の危機管理体制の現状を見ると、災害対策基本法にもとづいて自然災害を対象として整備されている防災体制がもっとも包括的である。本講座ではこうした現状をふまえて、自然災害への対応を基礎としながらどのような原因による危機にも一元的に対応できるわが国の社会風土に適した危機管理体制について考える。また、危機管理体制を踏まえた危機管理を支える情報システムの設計論について講義を行う。
Damage from disasters is defined by two factors: scale of hazard and social vulnerability. Two strategies exist to reduce damage from disasters - namely, crisis management as a post-event countermeasure and risk management as a pre-event measure. This course introduces students to a system for effective emergency management, consisting of response, recovery, mitigation, and preparedness.
到達目標 危機管理の体制を理解し、それを支える情報システムを構築する際の検討要件について理解することを目的とする。
Understand risk and crisis management processes to maximize the capability of organizational operational continuity and requirements for effective support information system in emergency management.
授業計画と内容 [1] 危機管理とは
[2] 災害対応と危機管理
[3] 災害対応のための情報処理の変遷
[4] 東日本大震災における危機管理の事例
[5] 近年の災害における危機管理の事例
[6] 民間支援による危機管理の高度化(1)
[7] 民間支援による危機管理の高度化(2) 
[8] 民間支援による危機管理の高度化(3)
[9] 災害対応のための情報処理システムのデザイン(1)
[10] 災害対応のための情報処理システムのデザイン(2)
[11] 災害対応のための情報処理システムのデザイン(3)
[12] 災害対応のための情報処理システムのデザイン(4)
[13] NaTECH(自然災害に起因したプラント災害)における危機管理
[14] 事業継続計画、危機管理と標準化
[15] レポート試験

[1] What is emergency management?
[2] Emergency management in disaster response
[3] History of information processing in disaster response
[4] Case study on emergency management in Great East Japan Earthquake 2011
[5] Case study on emergency management in Recent Disaster
[6] Advanced emergency management with private support group 1
[7] Advanced emergency management with private support group 2
[8] Advanced emergency management with private support group 3
[9] Design of disaster response support systems 1
[10] Design of disaster response support systems 2
[11] Design of disaster response support systems 3
[12] Design of disaster response support systems 4
[13] Natural-hazard triggered technological accidents(Natech)
[14] Business continuity plan, Standardization of disaster response
[15] Examination
成績評価の方法・観点 各回にレポートを課す.その回答状況と期末レポートの内容から総合的に評価する。また、最終回
の授業の際に行うレポート試験の結果により行う。
○各回のレポート課題
1)授業を聞いて自分にとって発見だったことを3つ,その理由を説明しなさい.
2)もっと説明してほしいことを1つあげ,その理由を説明しなさい.
○提出様式:以下の要領に従って、メイルで回答する
1.address: report_EM at dimsis.dpri.kyoto-u.ac.jp
2.subject:「危機管理レポートX 月X 日学籍番号氏名」と明記する
3.添付書類不可
○提出期限:翌週日曜日まで

Every after lecture, please submit short report writing following things
1) Three points you could learn in this lecture, and reason
2) What you would like to explain more?

Please send your short report to following address by following formats
1.address: report_EM at dimsis.dpri.kyoto-u.ac.jp
2.subject:「Emergency Management Report “date”“ID” “Name”
3.No attach file
Deadline:Sunday of the next week
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義の翌週までに各回の小レポートを提出することで復習を行うこと。

Submit a short report about what they have learned in a lecture before next lecture.
参考書等
  • 土木学会土木計画学ハンドブック編集委員会 編 『土木計画学ハンドブック(2017) 』(コロナ社) 京大・NTTリジエンス共同研究グループ『しなやかな社会の創造~災害・危機から生命、生活、事業を守る』(日経BP企画)