コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 デザイン学分野 情報システムデザイン

情報システムデザイン

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG76 53237 LJ13
  • G-ENG76 53237 LJ11
  • G-ENG76 53237 LJ12
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語及び英語
曜時限 木4
教員
  • 吉川 正俊(情報学研究科 教授)
  • 田島 敬史(国際高等教育院 教授)
  • 松原 繁夫(非常勤講師)
授業の概要・目的 情報システムを分析・設計・構築するための基礎的な概念・方法論に関して講述する。具体的には、データ集合の表現に関する基礎、セキュリティやプライバシ保護を考慮した設計、インセンティブ設計の各方法論を講述する。受講者は、これらによって、社会における実際の情報システムの構築や運用のための設計方法論や実装・運用技術の実際を学ぶ。
到達目標 情報システムの設計・構築に関して、データ集合の表現に関する基礎、セキュリティやプライバシ保護を考慮した設計、インセンティブ設計の各方法論を修得し、実際に情報システムの設計・構築が行えるようになる。
授業計画と内容 情報システムのための利用者インタフェース設計(田島)
1. 利用者インタフェース設計の基礎
2. 計算機システムの利用者インタフェース
3. 情報の表現

データシステム設計(吉川)
4. 業務データと解析的データ
5. データモデル
6. アクセス制御
7. 暗号ツール
8. プライバシ保護
9. 秘密分散

インセンティブ設計(松原)
10. ゲーム理論の基礎
11. クラウドソーシングのためのインセンティブ設計
12. セキュリティゲーム:シュタッケルベルグ競争
13. ゲーミフィケーション:最適コンテスト設計
14. 二部マッチング:腎臓交換
15. 情報獲得
成績評価の方法・観点 評価方法:平常点と期末試験によって評価する。
達成度:到達目標の達成度に基づき評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 資料集を用いて当該講義に関して予習・復習を行うこと。
参考書等
  • Multiagent Systems: Algorithmic, Game-Theoretic, and Logical Foundations, Yoav Shoham and Kevin Leyton-Brown, (Cambridge University Press), ISBN: ISBN:9780521899437