コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 共通型授業科目 現代科学技術特論(4回コース)

現代科学技術特論(4回コース)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG90 8i055 LE77
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 0.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 木5
教員
  • 小見山 陽介(工学研究科 講師)
  • 萬 和明(工学研究科 講師)
  • 金子 健太郎(工学研究科 講師)
  • ISLAM, A K M Mahfuzul(工学研究科 講師)
  • 中田 典秀(工学研究科 講師)
  • 五味 良太(工学研究科 助教)
  • 殿村 修(工学研究科 助教)
  • MOLINA LOPEZ, John Jairo(工学研究科 助教)
授業の概要・目的 Engineering/Engineers have been expected to fulfill key roles among social issues and others, such as energy, environment and resource. This class introduces cutting edge science and technologies from their backgrounds, research and development, to problems for the practical applications. Group discussions will be done for further understanding of the topics of the course.
エネルギー,環境,資源など地球規模で現代の人類が直面する課題,さらに,医療,情報,都市,高齢化など現代の社会が直面する課題の解決のために,工学が果たすべき役割と工学への期待は極めて大きい.これらの諸課題に挑戦する科学技術を紹介する.課題設定の背景を詳しく解説することに重点をおき,さらに,課題解決のための最新の研究開発,研究の出口となる実用化のための問題点などについて,工学の各分野で活躍する研究者が英語で講述する.各講義を聴講した後,学生間で討論を実施して考察を深める.
到達目標 The students understand of each technology towards social issues to be solved by engineers. In addition, the students learn the importance for engineers to have multidisciplinary mind and understand the significance of engineering to realize sustainable development.
現代社会が直面している工学が解決すべき諸問題に対して,一つの専門分野のみではなく,未来のより賢明な人類社会を実現するために,工学が担うべき幅広い展開分野と,工学がもつ社会的意義について学ぶ.
授業計画と内容 Topic A:
Week 1-4, Numerical simulation
Topic B:
Week 5-8, Light and energy
Topic C:
Week 9-12, Water environment
成績評価の方法・観点 The average score of the best two assignments is employed.
For the topic which the students chose, they must attend minimum three lectures and submit minimum two assignments evaluated as "passed".
成績は,上位2個のレポートの平均とする.
選択したトピックについて,3回以上の講義出席と2回以上の合格レポートの提出を行うこと.
履修要件 Each topic consists of four lectures.
This course requests to choose one topic from provided three topics in advance.
It is prohibited to change the topic after registration.
We may select students who can attend the class before starting the class.
Students who intend to join the course are required to submit the application form through the web site which will be informed in the advance.
3つのトピックに対し,各4コマの講義を実施する.
4回コースは,いずれか1つのトピックを選択し受講すること.
履修登録後のトピック変更は認められない.
講義開始より以前に履修制限を実施する可能性がある.
事前に通知するウェブサイトを通して受講を願い出ること.
授業外学習(予習・復習)等 This course requests students to prepare a class in advance because some classes will be done by an interactive style.
双方向型講義を取り入れるため,事前の予習をすること.
教科書
  • Course materials will be provided. 資料は適宜配布する.
関連URL
  • http://www.glc.t.kyoto-u.ac.jp/grad