コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 共通型授業科目 現代科学技術の巨人セミナー「知のひらめき」(6Hコース)

現代科学技術の巨人セミナー「知のひらめき」(6Hコース)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG95 8i051 SJ20
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 0.5 単位
授業形態 演習
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中 集中
教員
  • 金子 健太郎(工学研究科 講師)
  • 太田 寛人(工学研究科 講師)
  • 萬 和明(工学研究科 講師)
授業の概要・目的 本科目では、幅広い領域を縦断する工学において極めて優れた実績を有し、国際的リーダーとして活躍中の学内外の講師による講演と討論を実施する。先人たちの活動の軌跡を辿りながら、日本的なるものや京都学派らしい柔らかな発想を学び、それを通じて次世代が担うべき役割を自覚し、研究や勉学を進めるための基礎的な土台を作る。
到達目標 国内外のノーベル賞級の研究者や、極めて顕著な業績を成し遂げた産業人、国際機関等の最前線で問題解決の指揮を取っている人材を招聘し、各分野の先端領域の材料を活用しながら、身近な問題意識を大きな構想へと展開していくための能力を養う。
授業計画と内容 <授業スケジュール>(日程の詳細は「その他」欄を参照)
第1週:外部講師に講演いただき、講義を起点とした、グループワークの課題を提示する。
第2~3週:各グループでディスカッションを行う。講義時間の設定はないが、希望があれば土曜日に留学生ゼミ室を利用してもよい。スカイプやメールベースでのディスカッションでも可とする。なお、毎週、ディスカッションの議事録をメールで提出すること。
第4週:グループごとに課題に対するプレゼンテーション、その後ディスカッションを行う。その後レポートを作成し提出する。

<講師および講演内容(予定)>
Aコース
 西本清一 氏(京都市産業技術研究所 理事長/京都大学名誉教授)
 講演内容(予定) 国内外での共同研究の成功秘話(成功の秘訣)
 課題(予定) 受講生のグループメンバーで共同研究を企画する

Bコース
 大嶋光昭 氏(パナソニック株式会社イノベーションセンター スーパーバイザ/京都大学特命教授)
 講演内容(予定) 発明のうちの主なもの開発秘話(成功の秘訣)
 課題(予定) 出口を見据えて、新しい製品開発プロジェクトを提案する
成績評価の方法・観点 レポート、講義内におけるプレゼン・討論などをもとに総合的に評価する。講義は、土曜日に開催される(日程の詳細は「その他」欄を参照)。6Hコースでは、AコースもしくはBコース(各4週)のいずれかを修めることで0.5単位を取得できる。履修希望者は希望のコース(A or B)を事前に連絡すること。
履修要件 ・学部修了レベルのそれぞれの専門領域における基礎知識をすでに修得していることを前提として講義を進める。
・使用言語は日本語とする。
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて適宜指示する。
教科書
  • 必要に応じて講義内容に沿った資料を配布する。
参考書等
  • 必要に応じて適宜指示する。