コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 物質機能・変換科学分野 ディメンジョンの制御とナノ・マイクロ化学

ディメンジョンの制御とナノ・マイクロ化学

JA | EN

開講年度・開講期 2020・後期
単位数 1.5 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 木1
教員
  • 大塚 浩二(工学研究科 教授)
  • 前 一廣(工学研究科 教授)
  • 江口 浩一(工学研究科 教授)
  • 陰山 洋(工学研究科 教授)
  • 松坂 修二(工学研究科 教授)
  • 安部 武志(地球環境学舎 教授)
  • 三浦 清貴(工学研究科 教授)
  • 村田 靖次郎(化学研究所 教授)
  • 佐野 紀彰(工学研究科 教授)
  • 外輪 健一郎(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 電子やイオン移動をナノスケールで捉えた反応機構や、ナノサイズの粒子合成,固体触媒におけるナノ構造の制御,またナノ・マイクロメートルサイズのディバイスを用いた反応,分離,分析手法について,最新のトピックスを中心に講述する。
到達目標 ナノスケールで反応機構や物質移動機構を理解でき,それを実際の反応系の適用できる能力を習得させる.
授業計画と内容 第1回:Intercalation chemistry of graphite(安部)

第2回:Precise production of nano-particles using microreactor technology(前)

第3回:New nanocarbon chemistry(村田)

第4回:Controlled synthesis of nanotube materials(佐野)

第5回:Analytical separations in micro-nano fields(大塚)

第6回:Dimension and morphology control of molecular assemblies(木村)

第7回:Femtosecond laser induced micro/nano structures and their applications(三浦)

第8回:Design of active nanostructures for solid catalysts(江口)

第9回:Control of particle motion in gases(松坂)

第10回:Dimensional control in magnetic materials(陰山)

第11回:Monitoring and control of micro-chemical plants(長谷部)
成績評価の方法・観点 担当教員が課す課題レポートにより評価する.
履修要件 予備知識のない受講者についても適宜参考書を示し、理解できるように努める.
授業外学習(予習・復習)等 講義において指示する.
教科書
  • 教員の作成したプリントを利用する.
参考書等
  • 講義において紹介する.