コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 都市環境工学専攻 環境リスク管理リーダー論

環境リスク管理リーダー論

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG03 6X321 LE24
  • G-ENG55 6X321 LE24
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 修士・博士
対象学生 大学院生
使用言語 英語
曜時限 木5
教員
  • 島田 洋子(工学研究科 准教授)
  • 田中 宏明(工学研究科 教授)
授業の概要・目的 人の健康リスクや生態系のリスクを含め,都市の人間安全保障に関わる環境リスクを同定,分析し,リスクを定量的に評価する手法やリスクを低減・回避する方法について論じる。また,問題解決を実践するための環境リーダーとしてのあり方・考え方の構築を目的とするもので,国際環境プロジェクト等に関する講義や環境工学の今後のあり方を議論するために外部から講師を招聘して行う特別講義、受講者による議論や発表などを中心として構成する。
到達目標 環境学を学び,問題解決を実践するための環境リーダーとしてのあり方・考え方の構築を目的とするもので,国際環境プロジェクト等に関する講義を中心に構成する.
授業計画と内容 概説(1回)

エネルギーと環境(1回)

地域環境問題への視点と関わり(1回)

防災と住民国際協力(1回)

環境リスク評価とリスクコミュニケーション(1回)

途上国衛生管理(1回)

発表・討論(2回)

日本の環境問題における経験と教訓(1回)

廃棄物管理(1回)

持続可能な上下水道の確保(1回)

上水システムと人間安全保障(1回)

流域管理と流域ガバナンス(1回)

国際環境問題に関する特別講義(1回)

ポスタープレゼンテーション(1回)
成績評価の方法・観点 授業と授業中の討論への積極的な参加(40%)、ポスター発表(30%)、レポート(30%)により評価する。
ポスター発表とレポートは必須とし、到達目標の達成度に基づき評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 Necessary information will be distributed in the class.
教科書
  • 毎回プリントを配布する。