コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 工学研究科 都市環境工学専攻 都市環境工学特別セミナーB

都市環境工学特別セミナーB

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-ENG03 7U403 PJ16
開講年度・開講期 2020・通年集中
単位数 4 単位
授業形態 実習
配当学年 博士
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 大下 和徹(工学研究科 准教授)
授業の概要・目的 環境リスク評価に関し、環境リスクが発生し、伝搬・波及して顕在化する社会構造の認識や同定、実社会で見られる諸リスク現象の観測や測定・分析、環境リスク事象を支配する機構の解明やモデル化、および環境リスクの管理・削減やリスク情報のコミュニケーション等に関する学術的・実際的な研究テーマについて課題を与え、それに対する報告と発表を課し、教員と学生との双方向の討論を交えて指導する。
到達目標 都市環境工学に関する課題の全体像を理解する。
授業計画と内容 授業実施方法の解説と研究課題例の提示(1回)
授業の実施方法と、環境リスク評価などに関連した課題の例などを解説する。

課題の設定(1回)
各履修者が環境リスク評価などに関連した研究課題を設定する。

課題の発表(1回)
担当教員らに設定した研究課題の意義や研究計画を発表し、その内容について、議論する。

調査・研究(9回)
設定した課題について、調査・研究する。

研究発表(1回)
調査・研究した結果を担当教員らの前で発表し、質疑応答を行う。

レポート作成(2回)
研究発表で指摘された点などを考慮して、調査・研究した内容をレポートにまとめ、提出する。
成績評価の方法・観点 指導教員が、総合的に成績を評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 しっかりした予習復習が必要。
教科書
  • 指定しない。必要に応じて研究論文等を配布する。
参考書等
  • 随時紹介する。